ハウス・デポ【フラット35】

 のフラット35

「注文住宅を建てたいけど、将来もきちんと住宅ローン、返済できるかなぁ?」

家づくりで一番心配なのは、住宅ローンの返済ではありませんか?
住宅ローンは、世の中の経済状況によって返済額が変化するので、将来インフレになると金利が数パーセント変わるだけで、毎月の返済額が数万円変動する可能性があります。

そこで、ハウス・デポでは、35年間固定金利の住宅ローン「フラット35」を提供しています。
家づくりでリスクとなる「住宅ローン金利の上昇による返済金額の変動」を防ぎながら、安心して住宅購入ができるサービスです。
 
メリット1『ご返済が終わるまで金利がかわりません』
融資実行時にご返済金額が確定します。
将来、金利が上昇しても毎月のご返済額は変わらないため計画的に
返済できます。




メリット2『最高8000万円(所要額の100%以内で)融資が可能です』
地域、構造による制限はありません。
住宅の建設費用や購入費用の100%以内のご利用が可能になります。




メリット3『独自基準で住宅の質を確保します』
住宅の耐久性なども定めた技術基準について専門検査機関が物件を検査。
住宅の質の確保が図られます。




メリット4『保証料・保証人は不要です』
通常の住宅ローンで必要となる保証料及び保証人が必要ありません。
初期費用を節約することが出来ます。




メリット5『繰上返済手数料は不要です』
ご返済中に繰上返済を行っても手数料は不要です。
(注)一部繰上返済については、100万円以上から対象です。




メリット6『ご返済口座は自由にお選びいただけます』

通常の住宅ローンのように返済する口座に制約はありません。
お客様の普段お取り引きしている預金口座から自動引き落としが
できます。

 

 

詳しくは、ハウス・デポ・ジャパン ホームページ へ

 

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 相続への意識、親子間で大きな差
  2. 森林環境税、19年度に創設 都道府県へも分配、市町村を支援
  3. 「森林環境税」不公平感解消へ 都市と山を木造で繋ごう
  4. CO₂消費して電気に
  5. 17年度補正予算、重点項目固まる
  6. JBN・全国工務店協会 設立10周年で記念大会開催
  7. 日本初のZEH賃貸建設
  8. 森林環境税、創設の方針固まる
  9. BLR協会、アドバイザー登録制度を刷新
  10. 社整審建築基準制度部会 用途変更時の防火規制見直し進める
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会