発泡系断熱材は沈静化の様相

昨秋から建築資材市場に大混乱を起こしていた断熱材不足が、ようやく一つの山を越えつつある。
発泡系を中心に、昨秋から年末にかけての異様な受注が収まってきた、仮需要は落ちつき始めたとの見方が広がっている。
繊維系を中心とした不足感、納期は平均して1カ月程度という状況は相変わらずだが、事態が長期化するなかで市場も順応し冷静さを取り戻しつつある。

今回の断熱材不足の経緯<まとめ>

  • 発泡系断熱材の不足が始まったのは、早いところで昨夏

  • 繊維系断熱材の不足が始まったのは、10~11月頃

                ↓

  • 繊維系断熱材の代替えとして、発泡系断熱材の需要が増加
  • 11月~12月は、出荷・受注処理のオーバーになる
  • 納期回答が出来なくなった(一時的に受注ストップしたメーカーもあった)

                ↓

<結果>
2~3カ月間も不足する状況。

                ↓

<2月中旬の現状>
発泡系断熱材は、沈静化の見通し。
納期は1カ月程度になってきた。

 

繊維系断熱材は、まだ緊張状態感があります。
概ね受注残整理は進んできているので納期は概ね1カ月程度ではないかと思われます。

全体的に混乱感から脱するのは、3月以降になると見方が多い様子です。

 

日刊木材新聞<H23.2.16記事一部抜粋・参照>

 

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 相続への意識、親子間で大きな差
  2. 森林環境税、19年度に創設 都道府県へも分配、市町村を支援
  3. 「森林環境税」不公平感解消へ 都市と山を木造で繋ごう
  4. CO₂消費して電気に
  5. 17年度補正予算、重点項目固まる
  6. JBN・全国工務店協会 設立10周年で記念大会開催
  7. 日本初のZEH賃貸建設
  8. 森林環境税、創設の方針固まる
  9. BLR協会、アドバイザー登録制度を刷新
  10. 社整審建築基準制度部会 用途変更時の防火規制見直し進める
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会