頑張ろう!JAPAN 元気で明るく前向きに

平成23度ジャパン建材標語

頑張ろう!JAPAN元気で 明るく 前向きに

 「非常事態宣言」のもと緊急対策本部を立ち上げ、全国各地より上布を収集、復興資材供給に最大の努力をして参ります。

3月11日に発生したマグニチュード9.0という日本の観測史上最大の東北関東大震災は、東北・北関東を中心に広範囲にわたって未曾有の被害をもたらしています。震災を受けている地域の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

3月14日時点では、まだ被害状況も不明な地域が多く、先の見通しが立たない中、ジャパン建材㈱も全国各地より情報を収集するとともに、復興資材の最大限の供給に努力していくため、代表取締役社長 大久保清を本部長として緊急対策本部を立ち上げました。

 同日、大地震発生後も断続的に地震規模の大きい余震が続き、その影響が展示会場の周辺にも及んでいることを重く受け止め、来場予定のお客様や出展メーカー様の安全確保の観点から、週末に迫っていました『第25回ジャパン建材フェア』を急遽中止する事を決定致しました。

 皆様には事前の前売り活動はじめ、展示会準備に多大なるご支援ご協力をいただきながら、展示会開催に至らなかったことにつきまして何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

日を追うにつれ、被害状況、震災規模の甚大さが明らかになり、同時に陸路のみならず、会場、空輸を駆使した被災地へ支援物資を運ぶルートの確保が図られてきました、すでに、応急仮設住宅を2ヶ月で少なくとも約3万戸の供給を目指して建設も開始されています。

さらに3月24日には、物流の大動脈となる東北自動車道が全線開通し、一般車輌の通行が可能になり、少しずつではありますが、明るい兆しも見え始めています。

 しかしながら、過去に例のない広域に及ぶ被害は大津波に見舞われた沿岸部だけでなく、内陸部にも及んでいるとみられ、私ども緊急対策本部では、その状況も詳しく入手しながら復興に向けた活動に取り組んでいます。

 今回の被災から復興を遂げるまでの年月は計り知れないとも言われています。こうした中、復興資材の入手が困難な状況も起こり得ると想われますが、迅速な情報の収集に努め、全国の同業の皆様と手を携えて被災地の復興に最大限の努力を続けて参ります。

<ブルズニュース2011.4 記事抜粋>

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 相続への意識、親子間で大きな差
  2. 森林環境税、19年度に創設 都道府県へも分配、市町村を支援
  3. 「森林環境税」不公平感解消へ 都市と山を木造で繋ごう
  4. CO₂消費して電気に
  5. 17年度補正予算、重点項目固まる
  6. JBN・全国工務店協会 設立10周年で記念大会開催
  7. 日本初のZEH賃貸建設
  8. 森林環境税、創設の方針固まる
  9. BLR協会、アドバイザー登録制度を刷新
  10. 社整審建築基準制度部会 用途変更時の防火規制見直し進める
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会