住宅完成保証の重要性とは?

住宅完成保証制度の重要性

住宅完成保証

工事途中に施主業者が倒産すると施主は大変困難に直面します。

工事現場の出来高より多く支払っている場合、その過払い分の回収は大変困難となります。
そしてその住宅を完成させるには工事を引き継いでくれる施工業者を新たに探さなければなりません。
しかもその施工業者と又、新たに請負契約を交わさなければなりません。追加金が発生するとこもあります。
金銭的、精神的にも負担や損害は計り知れないものとなります。そこで万が一の場合に備え住宅を完成まで保証する制度が「住宅完成保証制度」です。

任意制度ですのですべての工務店が加盟しているわけではありません。

 

 

 

 じゅうたまでは「ハート・システム」をお勧めします!

 

生命保険や自動車保険、損害保険と同じように家を建てる際にも、 住宅の「完成保証」と呼ばれる保証制度があります。

 

ハウス・デポ・ジャパン

 信頼してまかせた工務店であっても、病気になったり事故にあったりなど様々なやむをえない理由で、
着工した住宅が完成できないことも考えられます。

  ※完成引き渡し保証です。暇庇・工事トラブルなどの保証ではありません。

  お申し込みいただいた物件は、ハートシステムで契約から完成お引き渡しまでを保証します。

 ハウス・デポ・ジャパン 完成保証制度「ハート・システム」について

 

 

 

 実際に起こった事例

一般の住宅建設では、瑕疵保障制度を重要視していますが、「完成保障制度」を持たない
○○建設会社に依頼したところ、残念ながら建設会社が工事途中で倒産に近い状態になりました。

 建設契約金額3300万円(60坪)のうちすでに2200万円を支払済みでしたが、
結局施主の泣き寝入りになってしまいました。

「完成保障制度」を使用していれば、このような事態は生じなかったはずです。

 このようなことがないように「ハートシステム」があります。

 実際に完成保証制度を利用せずに建築途中に工務店が倒産して放置されたままの現場もあります。
3年間ずっと放置され、裁判で係争中ですが建物が完成、引渡しされる保証はありません。
こんなことにならないように完成保証制度があります。

 
 
詳しくは、

 

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 相続への意識、親子間で大きな差
  2. 森林環境税、19年度に創設 都道府県へも分配、市町村を支援
  3. 「森林環境税」不公平感解消へ 都市と山を木造で繋ごう
  4. CO₂消費して電気に
  5. 17年度補正予算、重点項目固まる
  6. JBN・全国工務店協会 設立10周年で記念大会開催
  7. 日本初のZEH賃貸建設
  8. 森林環境税、創設の方針固まる
  9. BLR協会、アドバイザー登録制度を刷新
  10. 社整審建築基準制度部会 用途変更時の防火規制見直し進める
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会