屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売 ~LIXIL・シャープ~

 屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売 ~LIXIL・シャープ~

LIXIL、シャープ共同開発商品 第1号として、屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売した。

4月2日からLIXILブランドとして販売する。

 

以下、シャープ株式会社より発表されたプレスリリース内容

LIXIL、シャープ共同開発商品 第1号

屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売

 株式会社LIXIL( 本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)とシャープ株式会社(本社:大阪市阿倍野区、社長:)は、屋根一体型の太陽光発電システム「ソーラールーフ」※を共同開発し、LIXILが4月2日から地域の工務店・工事店などの建材・設備市場向けにLIXILブランドにて発売を開始します。
※新築・スレート屋根対応用

両社は、昨年8月に両社の経営資源を活かし、エレクトロニクスと建材の融合を図った新たな製品・サービスの開発を目的に業務提携し、合弁会社 エコ・ライフ・ソリューション株式会社(本社:東京都中央区、社長:太田裕介)を設立しました。今回発売する「ソーラールーフ」は、LIXILとシャープならびにエコ・ライフ・ソリューションが共同で企画・開発した初めての商品です。

一般的に戸建住宅にソーラーパネルを搭載する場合は、屋根材の上に架台を取り付け、その上にモジュールを設置します。今回開発した「ソーラールーフ」は、モジュール自体を屋根材として使用できる構造にしたことで、屋根に後から穴を開ける必要がないため雨漏りの心配を軽減でき、一度の工事で施工できます。さらに新築住宅の設計時には屋根全面をソーラーパネルにすることが可能※なため、大きな発電量が期待できる上、建材一体型の特長である凹凸の無いデザイン性に優れた屋根に仕上がります。

※屋根全面をソーラーパネルにするには、予め設計上の打合せが必要です。

また性能面では、発電効率の高いシャープ製のモジュールに、LIXILが開発した『3重の止水構造』の取り付け部材を採用することで、高い発電性能と優れた防水構造を実現しています。さらにモジュールの下には通風経路を設け、屋根の棟側から自然に排熱するオリジナル構造となっており、発電効率の低下を防止します。

今後もLIXILとシャープは、「環境・エネルギー」「安全・安心」「利便・快適」「健康・癒し」「スマート・効率」の5つのキーワードに基づき、新たな製品・サービスの提供により、人と環境にやさしい住空間の普及に貢献していきます。

 

株式会社 LIXIL  http://www.lixil.co.jp/

シャープ 株式会社  http://www.sharp.co.jp/

プレスリリース: http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120329-a.html