片開きドア、不燃面材扉、スチール枠、収納などラインアップを拡充 施設向け提案商品を強化

片開きドア、不燃面材扉、スチール枠、収納などラインアップを拡充 施設向け提案商品を強化

大建工業株式会社(大阪市北区堂島、社長:澤木良次)は、高齢者住宅・施設向け建材「おもいやりシリーズ」のラインアップに、片開きドア、不燃面材扉およびスチール枠、手すり、収納など高齢者居住施設向け製品を追加、4月22日より発売いたします。

「おもいやりシリーズ」は、高齢者だけでなく、共に生活される方や介護する方が、安心、安全、健やかで快適に生活できる住空間づくりを、機能とデザインのコーディネートによってご提案する、高齢者住宅・施設向け建材のシリーズです。2012年1月の発売以来、ドアや床、収納家具、手すり、壁、天井など、空間をトータルでコーディネートできるラインアップの幅広さや、にぎりバーや手すりに付与したウイルス抑制機能(「ビオタスク※」)が高い評価をいただいています。

このたび、同シリーズをご提案する中でお客様からお寄せいただくご意見・ご要望にお応えするため、高齢者居住施設向け商品を中心に多数商品を追加発売いたします。

巾広で敷居がないため車イスでもスムーズに通過できる吊戸「おもいやりドア」については、不燃性能が求められる避難通路や、薄壁などに採用いただけるよう、不燃面材扉をオーダー対応し、スチール製の枠・戸袋への対応も可能にします。また、開口部や掃き出し窓部など、手すりの設置が容易でない箇所にも設置できる開口部連続手すりや屋内用床付け手すりにより高齢者の行動範囲を広げます。

靴の脱ぎ履きや立ち上がりの動作に配慮された共用下駄箱ベンチ付や、引違クロークユニットなども新規に発売いたします。

サービス付き高齢者向け住宅、介護付き有料老人ホームやグループホームなど、高齢者居住施設においてより一層お役立ていただきやすいラインアップとなります。

 

 

大建工業ホームページ http://www.daiken.jp

プレスリリース http://www.daiken.jp/news/newsDetail/513/