木で学び、作り、遊ぶ 〜参加型イベントとして定着〜

木で学び、作り、遊ぶ

参加型イベントとして定着

東京都と東京都木材団体連合会(吉条良明会長)共催の「第34回木と暮らしのふれあい展」が4、5日東京都立木馬公園で開かれた。

毎年、10月最初の土・日曜日に開催され、2日間で約5万人を動員するイベントに定着した。

5日は台風の影響で雨天となったが、好評の苗木配布を行い、木工教室テント内で背付きいすや長踏み台などのキットを配布した。

4日の開会式展では、はじめに天野洋一郎大会実行委員長が「大会メーンテーマは"森を育てたい。だから木を使おう"。サブテーマは"受け継ごう。日本の文化、木の住まい"とした。2日間、木を学び、木に触れてもらい木の文化を後世に受け継いでほしい」と開会宣言した。

続いて主催団体の一つである東京都の山本隆産業労働局長が「都の面積の約40%が森林だ。多摩産材情報センンターを開設し、森林の多目的機能などの情報発信を始めた。人と相性が良い天然素材の木材の利用促進に都も取り組んでいく」を式辞を述べた。多数の来賓から林野庁の牧元幸司林政部長、都議会議員を代表して地元江東区東区選出の山﨑一輝都議、山﨑孝明江東区長がそれぞれ祝辞を述べた。

(日刊木材新聞 H26.10.09号掲載記事抜粋)

詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。

日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 断熱と健康の関係調査 ―国交省―
  2. 架台一体型屋根システムを全国販売へ―パナソニックES社―
  3. ゆとり世代の住宅観多様化 新築志向は未だ根強く残存
  4. 国交省 インスペクター講習制度を創設 改正宅建業法改正に向けて
  5. 不同沈下の瑕疵保険を拡充―住宅あんしん保証―
  6. 過去最高の735人が受験―木住協―
  7. JIS改正、運用始まる ―パーティクルボード―
  8. 市街化調整区域の古民家等を活用しやすく許可制度弾力化
  9. 事業団体ごとに基準設定 ―住みたい既存住宅へ転換
  10. 11月着工 5カ月連続増8.5万戸 持家、貸家が堅調
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会