合格速報/公認ホームインスペクター試験2014

合格速報/公認ホームインスペクター試験2014 

平成26年11月15日(土)に実施した、 公認ホームインスペクター資格試験合格発表。

今年で6回目となる公認ホームインスペクター資格試験は 1010名が受験、合格者は285名(合格率28.2%)という結果となった。

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と 診断士育成を行っている同協会では、年々消費者のニーズが高まる ホームインスペクションの良質な担い手を育成するため、 同協会が定める診断項目や基準において資格試験や講習を毎年実施している。 今年が第6回目となる公認ホームインスペクター資格試験は、 合格者が285名、合格率28.2%(合格点は38点)という結果となった。

合格者の属性をみると、昨年同様、建築業界(設計・維持管理など)に携わる方々が44%と半数近くを占めている。

ついで高いシェアだったのがリフォーム業の23%、不動産業の22%。 年齢別では30・40代の中堅層が71%と多数を占め、 平均年齢43.8歳となっている。 合格者のうち43%が建築士(1級・2級・木造)の資格保有者であったが、 次に40%は宅建保有者となっており、建築・不動産業界での他資格保有率が非常に高く、 合格者が広範囲の知識を有することが伺える。

【合格者データ】

<合格者年齢別>

20~29歳/3% 30~39歳/30% 40~49歳/41% 50~59歳/19% 60~69歳/6% 70歳以上/1%

<合格者住所別>

北海道/4% 東北/4% 関東/32% 中部/甲信越・26% 近畿/20% 中国/四国/6% 九州・沖縄/8%

<合格者受験理由>

業務仕事に活かす/32% 必要性がある/7% 将来性がある/12% お客様に安心/9% 勉強スキルアップ/15% 興味あり/4% 会社・上司のすすめ/5% 知人のすすめ/1% 社会貢献/6% 賛同/3% 再挑戦/2% 開業・独立/2% その他/0.3%

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL ■

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会とは

■ ホームインスペクションとは、住宅の劣化状況、欠陥の有無、 改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、 アドバイスする住宅診断のこと。

欧米では利用が常識となっている。 当協会は、ホームインスペクションの技術基準を明確化するための 公認資格試験の実施、ホームインスペクター(住宅診断士)育成・ スキルアップのための講習や診断履歴の蓄積 (国土交通省長期優良住宅先導的モデル事業採択)を行う 民間団体で、2008年4月に設立、2009年2月にNPO法人登記。 2009年から公認ホームインスペクター資格試験を 毎年1回実施しており、昨年の試験では1,015人が受験、 261人が合格した。(合格率25.7%)。 現在会員数は877名。(2014年11月30日時点)。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL