設立70年機に価値創造会社を 〜建材メーカーからの飛躍に挑戦〜

設立70年機に価値創造会社を

建材メーカーからの飛躍に挑戦

大建工業(大阪市、億田正則社長)は19日に開いた経営者交流会で、設立70年機に住宅用建材メーカーから建築資材の総合企業への飛躍の道筋を明らかにした。

大建工業は特殊合板、WPC建材、インシュレーションボード、鉱物質繊維板(ダイロートン)、MDF、ダイライトなど、我が国の木質建材企業として様々な基礎資材を生み出してきた。

今後はこれらの製造基本技術を応用して新たな素材開発に取り組むとともに、建材製造販売から施工・工事へ住宅から公共・産業分野へ、そして国内から海外市場への展開で業容を広げていく。

 

(日刊木材新聞 H27.11.27号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com