事故事例解説含め更新講習会 〜インスペクション実施で市場拡大〜

事故事例解説含め更新講習会

インスペクション実施で市場拡大

住宅瑕疵担保責任保険協会(能登義春代表理事)は20日、既存住宅現況検査員の更新講習会の開催について会見し、能登代表理事は「中古住宅流通の市場整備が課題になっており、現況検査が重要な役割を担っている。国でもインスペクションの位置付けについて検討を開始している」と話しました。

2013年度から始まった制度は初年度の2563人が更新時期を迎え、今年度の新規登録では1万人以上の現況検査員が登録されている。


(日刊木材新聞 H27.11.27号掲載記事抜粋)

詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com