ジャパンホームショー、JAPANTEXが開幕

ジャパンホームショー、JAPANTEXが開幕

建築・インテイリアの最新情報提供

第38回ジャパンホームショー(主催:日本能率協会=JMA)やJAPANTEX2016(同:日本インテイリアファブリックス協会=NIF)を含めた5つの住宅・建築関連資材専門展示会が「建築+インテリアWEEK」として26~28日の3日間、東京ビッグサイト(東京・有明)東ホールで開かれている。

合同開催は今回で5回目となり、出店は全体で971社・1867小間と過去最大規模だ。

来場予定者数は3日間で4万5000人をを見込んでいる。

今夏のジャパンホームショーは、新たにリフォーム製品・サービスを加えた8ゾーン(建材・部材、免振・耐震・制震、住宅設・システム、インテリア・デザイン設備、代理店募集・ソフトウェア・業務サポート、創エネ・蓄エネ・省エネ、海外パビリオン)で展開し、最新商品や情報を提供。

「ふるさと建材・家具見本市」や「ストーンフェア東京」「庭づくり・ガーデニング展」など3つの集中展示も行っている。

(日刊木材新聞 H28.10.27号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 断熱と健康の関係調査 ―国交省―
  2. 架台一体型屋根システムを全国販売へ―パナソニックES社―
  3. ゆとり世代の住宅観多様化 新築志向は未だ根強く残存
  4. 国交省 インスペクター講習制度を創設 改正宅建業法改正に向けて
  5. 不同沈下の瑕疵保険を拡充―住宅あんしん保証―
  6. 過去最高の735人が受験―木住協―
  7. JIS改正、運用始まる ―パーティクルボード―
  8. 市街化調整区域の古民家等を活用しやすく許可制度弾力化
  9. 事業団体ごとに基準設定 ―住みたい既存住宅へ転換
  10. 11月着工 5カ月連続増8.5万戸 持家、貸家が堅調
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会