事業団体ごとに基準設定 ―住みたい既存住宅へ転換

事業団体ごとに基準設定 ―住みたい既存住宅へ転換

国交省・既存住宅の流通促進事業

国土交通省は23日、既存(中古)住宅流通を促進させる情報提供制度の第2回検討会を開いた。

2017年度の事業予定で、既存住宅に対する不安や汚い・分からないなどの負のイメージを払しょくし、消費者の住宅購入を促そうとする取り組みだ。

国交省は第1回検討会を踏まえ、事業者団体ごとに品質基準を定め、要件を満たした建物が認定される制度設計を提示した。

当初、国交省では一定の基準を満たした既存住宅を「プレミアム既存住宅」と名付ける案を提示した。

ただ16年末の第1回検討会で、プレミアムというの言葉は特別なものを差別化する意味があり、既存住宅を幅広く流通させようとする今回の事業とはそぐわないという意見が出たため退けられた。

そのため第2回検討会では「新しいイメージの既存住宅」として話し合われたが、有力候補に挙がるような名称は提出されなかった。

17年度の事業化を目指す国交省としては、3月末までに確定したいところだ。

(日刊木材新聞 H29.1.25号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 断熱改修による居住者の健康への影響などを確認
  2. クリーンウッド法、詳細固まる―今週中にパブコメ公開―
  3. 建設業法の改正視野に議論 国交省検討会議 許可要件の見直しなども課題に
  4. スタイロフォームなど値上げ ―ダウ化工―
  5. 平成28年の着工 96.7万戸
  6. 12月着工 持家・貸家・分譲の全てで増加 6カ月連続増で7.8万戸に
  7. 玄関収納設置率8年で増加 ―間取りに関する調査
  8. 鳥取市 33年ぶり積雪、上棟予定の延期も
  9. 第37回ジャパン建材フェア―3月17・18日 東京ビッグサイト
  10. 累計76万戸超に ―長期優良住宅等の認定実績
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会