木造軸組住宅の許容応力度設計を改訂―日本住宅・木材技術センター―

木造軸組住宅の許容応力度設計を改訂―日本住宅・木材技術センター―

基準法での整合性を図る

日本住宅・木材技術センターは、「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」(グレー本)を改訂する。

グレー本は木造軸組工法の許容応力度計算法を解説したもので、3階建て住宅以上の規模の木造建築の構造設計時に使用されてきた。

これまで建築基準法などでは位置付けられていなかったが、今回の改訂では「2015年度版 建築物の構造関係技術基準解説書」(黄色本、監修=国土交通通称国土技術政策総合研究所、建築研究所)でグレー本を許容応力度計算の参考と位置付けており、改訂委員会の協力委員に国土交通省住宅局建築指導課企画専門官も参加して編さんされた。

(日刊木材新聞 H29.2.24号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 工務店は立場を決める時期に 中古ストック市場へ
  2. 木造軸組住宅の許容応力度設計を改訂―日本住宅・木材技術センター―
  3. 国産材基材比率が21.5%に上昇 ―複合フローリング―
  4. ネオマフォームから断熱性1割向上「ネオマゼウス」を開発
  5. ヤマダ電機、ナカヤマと業務提携
  6. 断熱改修による居住者の健康への影響などを確認
  7. クリーンウッド法、詳細固まる―今週中にパブコメ公開―
  8. 建設業法の改正視野に議論 国交省検討会議 許可要件の見直しなども課題に
  9. スタイロフォームなど値上げ ―ダウ化工―
  10. 平成28年の着工 96.7万戸
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会