前年比15カ月連続で増加―金融庁が金融機関の建設融資確認―

前年比15カ月連続で増加

金融庁が金融機関の建設融資確認

貸家の新設着工数は15ヵ月連続で前年を上回っている。

これは2013年2月~14年7月までの同16カ月に継ぐ水準だ。

ただ前月比で見れば16年12月~17年1月と2カ月連続で減少し、16年6月~11月まで続いた3万6000戸超よりは落ち着いた。

郊外における貸家の受注減や、16年末に金融庁が金融機関の貸家建設融資に対して締め付けを厳しくしたことが背景にあるという見方もある。

アパートの建て過ぎは、08年のリーマン・ショック前後から賃貸住宅業界で問題視されていた。

貸家はリーマン・ショックによって09年に初めて40万戸を割ったが、それまではずっと40万戸以上を建て続けてきた。

そのため、業界関係者は「リーマン・ショック前に比べれば最近はむしろ着工もおとなしい方。ただ当時に着工したアパートが今も立っているため、必要以上に膨れ上がった。新築アパートに入居者を確保するために、古い建物から入居者を引き抜くなどというテナント転がしも起きている」という指摘もある。

(日刊木材新聞 H29.3.10号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 2016年のリフォーム市場は6.2兆円規模 駆け込み需要が低迷の要因か
  2. 前年比15カ月連続で増加―金融庁が金融機関の建設融資確認―
  3. 東京ガス・日本気象協会が「ヒートショック予報」を開発 当日のリスクを3段階で表示
  4. 相続税対策で急増-アパート経営と一線画す-
  5. BELS評価でZEHマークの表示始まる―住宅性能表示評価・表示協会―
  6. サブリース問題が表面化―市場相場家賃相場下落で―
  7. JKと橋本総業 経営統合に向け合意
  8. 新築着工を押し上げる ―人口減でも供給増―
  9. 子どもの転落事故防げ NPOがベランダの事例を収集
  10. 全国古民家再生協会第7回全国大会
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会