平成29年第1四半期(4月~6月)見通し

平成29年第1四半期(4月~6月)見通し

<工務店・販売店による需要予測>

国土交通省より平成28年度12月期の新設住宅着工総数が発表された。

1月~12月累計では96.7万戸(前年比106.4%)と2年連続増加、消費性増税の駆け込み需要があった平成25年(98.0万戸)以来の高い水準となった。

その中でも貸家・分譲戸建てが総着工数の増加を牽引した。

平成29年第1四半期(4月~6月)需要予測では、工務店調査段階でマイナス7.3ポイントの結果が出た。

前年同月比(2.1ポイント)より下落したものの、前回調査時(平成28年度第4四半期1月~3月)より1.7ポイント回復した。

地域別に見るとプラス回答は北海道、北陸、近畿、四国、九州の5地域。

前回調査時より北海道・北陸がプラスに転じた。今回の各種アンケート結果では、「平成28年度並み」の回答が最も多く、次いで「やや減少する」が大勢を占めている。

JK情報センター発表資料(平成29年度第1四半期4月~6月需要動向予測調査)需要動向調査より抜粋

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. オール電化住宅は震災後の減少から徐々に回復
  2. 最後の耐力壁JC開催
  3. 非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―
  4. 人口減少が地域の姿を変える
  5. 柱・梁・床などの1時間耐火構造の告示案発表
  6. 別居している親との連絡は「2週間に1度」程度が最多
  7. ナカヤマを完全子会社化 ーヤマダ電機ー
  8. 「安心R住宅」を交付、12月施行
  9. 4人家族が「幸せに」暮らせる住まいの条件
  10. 省エネだけではないネットワーク化と新たな住まいの在り方
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会