空き地等対策として自由度が高い暫定活用の促進を提案 国交省検討会

空き地等対策として自由度が高い暫定活用の促進を提案

国交省検討会

空き家・空き地問題が社会的にも大きな問題として浮上しているが、日本はすでに人口減少期に突入しており、世帯数も2020年以降減少することが予想されていることから、空き地・空き家・空き店舗等(以下、空き地等)対策は喫緊の課題となっている。

そのため、国土交通省は「空き地等の新たな活用に関する検討会」(委員長=山野目章夫・早稲田大学大学院教授)を設置し、現在、空き地等の新たな活用方策を検討している。

従来の土地活用では例えば、住宅を手放すなどして空き地になった場合に、次の土地利用が明らかになるまで、空き地のままかせいぜい駐車場等の利用に止まる場合が少なくない。

同検討会では対策の一つとして、暫定活用の促進を提案。

将来の土地利用が明らかではない場合でも、防災空地やコンテナハウス、芝生広場など自由度が高い利用を促進し、「隠れた土地需要を顕在化させることで恒久的利用を促す必要がある」としている。

日本住宅新聞提供記事(平成29年3月15日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「メーカー・資材情報」記事リスト

  1. レジリエンスアワード ―ニチハ―
  2. 空き地等対策として自由度が高い暫定活用の促進を提案 国交省検討会
  3. 専門学校・工務店等の連携による職人育成、4月からスタート
  4. 熊本市 高齢世帯向けにリバースモーゲージ型再建融資
  5. BELSでZEH表示 4月から
  6. 6割が新築・リフォーム時に「花粉対策したい」LIXIL住研
  7. 全国初、健康効果を実証―奈良県産材―
  8. 1月着工 持家12カ月ぶりに減少 全体では7カ月連続増に
  9. 森友学園に補助金返還命令
  10. 新しいイメージの既存住宅の通称"安心R住宅"を提案
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会