熊本県の在来木造住宅が高水準で推移

熊本県の在来木造住宅が高水準で推移

遅延現場中心で復興需要はこれから―熊本県―

熊本県の新設住宅着工数のうち、在来木造住宅が月間700棟を超えるペースなってきた。

この10年間を見ても同水準になったのは例がない。

ただ、業界関連者はこの背景について「現在、建築が進んでいるのは熊本地震の前に決まっていた新設住宅現場が中心となっている。本格的な復興住宅の建築は夏場からになりそうだ」と話しており、今後ももう一段の需要が予想される。

ただ、今後の課題はやはり大工・職人などの人手の確保になりそうだ。

(日刊木材新聞 H29.3.22号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. オール電化住宅は震災後の減少から徐々に回復
  2. 最後の耐力壁JC開催
  3. 非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―
  4. 人口減少が地域の姿を変える
  5. 柱・梁・床などの1時間耐火構造の告示案発表
  6. 別居している親との連絡は「2週間に1度」程度が最多
  7. ナカヤマを完全子会社化 ーヤマダ電機ー
  8. 「安心R住宅」を交付、12月施行
  9. 4人家族が「幸せに」暮らせる住まいの条件
  10. 省エネだけではないネットワーク化と新たな住まいの在り方
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会