2月着工 8カ月ぶりに減少 持家は回復、分譲マンション3割減が影響

2月着工 8カ月ぶりに減少

持家は回復、分譲マンション3割減が影響

国土交通省が3月31日に公表した2月の新設住宅着工戸数は7万912戸(前年同月比2.6%減)で、8カ月ぶりに減少へと転じた。

持家が回復し、貸家も増加が続いている一方で、分譲住宅、特にマンションが3割以上減少したことが影響したと見られる。

季節調整済年率換算値は93万9660戸で、100万戸台となった1月から6.1%の減少。

日本住宅新聞提供記事(平成29年4月5日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「メーカー・資材情報」記事リスト

  1. 木の総合文化(ウッドレガシー)を推進 議員連盟設立
  2. 住宅ストック維持・工場事業を募集 ―国土交通省―
  3. 住宅ストック維持・向上促進事業 平成29年度の提案募集開始
  4. 建設業 人材確保・育成の予算公表―国交省・厚生省―
  5. 総合的な建築・設備のエネルギー消費量算出ツール BEST-H(住宅版)を公表 IBEC
  6. 警察庁が熊本地震での救助活動を分析
  7. 熊本地震など受け耐震改修促進計画を再改定―大分県―
  8. 5本柱のさらなる推進図る ―ハウス・デポ・ジャパン―
  9. 春先も分譲住宅は堅調 ―4月のプレカット調査―
  10. 住設機器事業で業務提携へ―ノーリツとトクラス―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会