既存住宅状況調査技術者講習の登録 第一号に住宅瑕疵担保責任保険協会

既存住宅状況調査技術者講習の登録 第一号に住宅瑕疵担保責任保険協会

国土交通省は3月10日、既存住宅状況調査技術者講習の第一号として、(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会が行う講習を登録した。

既存住宅状況調査技術者講習制度は中古住宅流通の活性化等を促進するため、一定の要件を満たす既存住宅の調査(インスペクション)に関する講習を国土交通大臣が登録し、講習実施機関が講習を実施する制度。

同協会は既にインスペクターを養成する「既存住宅現況検査技術者講習」を実施しているが、今回登録された「既存住宅状況調査技術者講習」に移行する。

同協会は新たな講習を今後、全国45都道府県で計52回開催する予定。

日本住宅新聞提供記事(平成29年3月25日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 何処で地震が起きてもおかしくない
  2. 既存住宅状況調査技術者講習の登録 第一号に住宅瑕疵担保責任保険協会
  3. 熊本地震の被害調査を公表
  4. 住宅用太陽光発電の新設 29年度からの買取価格は28~30円
  5. 現場施工型優良断熱施工システム認定を取得
  6. リフォーム需要低調で出荷減 西日本での普及に手応え
  7. 木造・木質化の効果の数値化等を提言 政投銀
  8. 17年度予算配分を公表―国土交通省―
  9. 20~30代の近所付き合い「近所付き合いない」6割超 必要性は5割以上が認識
  10. 8ヵ月ぶりの減少に ―2月の新設住宅着工―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会