既存住宅現況検査講習が"状況調査講習"に切替

既存住宅現況検査講習が"状況調査講習"に切替

約1万2000人以上の建築士が移行対象 瑕疵保険協会 

(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会(代表理事=後藤博・ハウスプラス住宅保証(株)社長)は、これまで開催してきた「既存住宅現況検査技術者講習(以下、【現況検査講習】)」に替えて、本年度から新たに「既存住宅状況調査技術者講習(以下、"状況調査講習")」を実施する。

【現況検査講習】は、国交省の長期優良住宅化リフォーム推進事業のインスペクションに対応するとともに、既存住宅売買瑕疵保険の現場検査を省略できることから人気が高く、講習を修了した"既存住宅現況検査技術者"は現在、建築士を中心に約1万2000人が登録している。

"既存住宅現況検査技術者"の資格は現在の有効期限を最後に失効するため、同協会では新制度に対応した「状況調査講習」の"移行講習"の受講を促している。 

日本住宅新聞提供記事(平成29年4月5日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.c

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 実践的な支援体制を構築 -ベターライフリフォーム協会-
  2. 店頭売掛決済導入へ -LIXILビバとラクーン-
  3. 日銀の景気判断 住宅投資は4地域で引き下げ
  4. 巨額の保険金支払いや保険法人の破たんに対する瑕疵保険の「セーフティネット」構築に向けた検討がスタート
  5. 住まいとしてだけでなく用途転換含む再生・リノベなど「新たな需要創出・対応」必要
  6. クリーンウッド法の事業者登録 今秋から
  7. 国交省・空き家所有者情報提供による空き家利活用推進事業 一次公募で7市採択
  8. 本年度建設投資見通し 民間住宅投資前年度比1.7%増 15兆9500億円の見通し
  9. 地域型復興住宅、供給強化図る
  10. グラスウール全商品値上げ ―マグ・イゾベール―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会