何処で地震が起きてもおかしくない

何処で地震が起きてもおかしくない

住宅耐力壁への認識高まる

2016年4月14日午後9時26分と16日午前1時25分に、最大震度7を連続して観測した熊本地震。

もはや、いつどこで大地震が起きてもおかしくない状況を再認識させた。

得に九州は地震の少ない地域といわれ、住宅の耐震性能に対する意識は一部にとどまっていたが、2005年3月に福岡市を中心として発生した福岡県西方地震(最大震度6弱)もあったことで、今回は明らかに意識が変わっている。

雲本を中心に住宅、木材業界などの、この1年の変化を振り返る。

熊本県内の住家被害(4月3日時点)は、全壊8667棟、半壊破損3万3585棟、一部破損14万1827棟の合計18万9079棟に及ぶ。

大分県でも多数の被害が出たほか、その後の大雨による被害なども加わった。

(日刊木材新聞 H29.4.13号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「政策・補助金等」記事リスト

  1. 経産省、ZEHビルダー評価制度を導入 29年度ZEH支援事業
  2. 既調合しっくいで不燃認定2種取得 日本漆喰協会
  3. 何処で地震が起きてもおかしくない
  4. 既存住宅状況調査技術者講習の登録 第一号に住宅瑕疵担保責任保険協会
  5. 熊本地震の被害調査を公表
  6. 住宅用太陽光発電の新設 29年度からの買取価格は28~30円
  7. 現場施工型優良断熱施工システム認定を取得
  8. リフォーム需要低調で出荷減 西日本での普及に手応え
  9. 木造・木質化の効果の数値化等を提言 政投銀
  10. 17年度予算配分を公表―国土交通省―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会