何処で地震が起きてもおかしくない

何処で地震が起きてもおかしくない

住宅耐力壁への認識高まる

2016年4月14日午後9時26分と16日午前1時25分に、最大震度7を連続して観測した熊本地震。

もはや、いつどこで大地震が起きてもおかしくない状況を再認識させた。

得に九州は地震の少ない地域といわれ、住宅の耐震性能に対する意識は一部にとどまっていたが、2005年3月に福岡市を中心として発生した福岡県西方地震(最大震度6弱)もあったことで、今回は明らかに意識が変わっている。

雲本を中心に住宅、木材業界などの、この1年の変化を振り返る。

熊本県内の住家被害(4月3日時点)は、全壊8667棟、半壊破損3万3585棟、一部破損14万1827棟の合計18万9079棟に及ぶ。

大分県でも多数の被害が出たほか、その後の大雨による被害なども加わった。

(日刊木材新聞 H29.4.13号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 実践的な支援体制を構築 -ベターライフリフォーム協会-
  2. 店頭売掛決済導入へ -LIXILビバとラクーン-
  3. 日銀の景気判断 住宅投資は4地域で引き下げ
  4. 巨額の保険金支払いや保険法人の破たんに対する瑕疵保険の「セーフティネット」構築に向けた検討がスタート
  5. 住まいとしてだけでなく用途転換含む再生・リノベなど「新たな需要創出・対応」必要
  6. クリーンウッド法の事業者登録 今秋から
  7. 国交省・空き家所有者情報提供による空き家利活用推進事業 一次公募で7市採択
  8. 本年度建設投資見通し 民間住宅投資前年度比1.7%増 15兆9500億円の見通し
  9. 地域型復興住宅、供給強化図る
  10. グラスウール全商品値上げ ―マグ・イゾベール―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会