2050年までに自然エネ100%も可能

2050年までに自然エネ100%も可能

WWFジャパンが脱炭素社会に向けた長期シナリオを提言

気候変動枠組条約のもと、すべての国が参加する、地球温暖化に取り組むための国際的枠組「パリ協定」が昨年11月に発効した。

世界平均気温の上昇を1.5―2℃までに抑えることを目標に、各国に温室効果ガス削減の「長期戦略」の策定を求めている。

日本は、温室効果ガス(GHG)排出量を、中期目標として2030年度に13年度比で26%削減、長期的目標として50年までに80%削減することを掲げ、現在議論を進めている。WWFジャパンはこうした状況に対する提言として今年2月、『脱炭素社会に向けた長期シナリオ2017』を発表した。

50年までに日本のエネルギーがすべて自然エネルギー(再生可能エネルギー)で供給されることを前提にした『100%自然エネルギーシナリオ』と、政府目標の「50年までに80%削減」を達成することを前提とした『ブリッジシナリオ』の2つのシナリオを提言。

実現のための前提として住宅・建築物に関しては「ZEH・ZEBなどに代表される省エネ化の促進」を掲げ、「50年までには、住宅のほぼ全て、住宅以外の建築物の約4割が、現在の最新省エネ基準を満たしている」ことが必要としている。

日本住宅新聞提供記事(平成29年4月号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 実践的な支援体制を構築 -ベターライフリフォーム協会-
  2. 店頭売掛決済導入へ -LIXILビバとラクーン-
  3. 日銀の景気判断 住宅投資は4地域で引き下げ
  4. 巨額の保険金支払いや保険法人の破たんに対する瑕疵保険の「セーフティネット」構築に向けた検討がスタート
  5. 住まいとしてだけでなく用途転換含む再生・リノベなど「新たな需要創出・対応」必要
  6. クリーンウッド法の事業者登録 今秋から
  7. 国交省・空き家所有者情報提供による空き家利活用推進事業 一次公募で7市採択
  8. 本年度建設投資見通し 民間住宅投資前年度比1.7%増 15兆9500億円の見通し
  9. 地域型復興住宅、供給強化図る
  10. グラスウール全商品値上げ ―マグ・イゾベール―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会