消費者が電気・ガスとも自由に会社を選べる、エネルギー小売り自由化の時代に

消費者が電気・ガスとも自由に会社を選べる、エネルギー小売り自由化の時代に

戦後60年余り続いた日本の電気事業制度は、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故等によって、電力需給の逼迫や電気料金の高騰、広域融通の限界などの課題が浮き彫りになった。

これら、直面した課題を克服することを目指して、電力システム改革がスタートした。

一方、電気とともに我々の生活を支えるエネルギー、ガスに関しては1995年以降、大口供給から順次、小売部門の自由化範囲が拡大してきた。

そして、昨年4月から電力の小売り全面自由化がスタート。

今年4月からは都市ガスの小売りも全面自由化がスタートする。電力の小売り自由化にあたっては、ガス事業者をはじめとしたエネルギー関連事業者、通信関連企業、さらには自治体主導の新電力会社など様々なプレイヤーが新規参入している。

その上で、公平性の面からも、またエネルギー市場の活性化の面からも、あわせてガスの小売りも全面自由化されることになった。

もとより大手電力会社は発電用に天然ガスを大量に調達しており(東京電力のLNG 輸入量は国内最大)、大手電力会社が都市ガス市場への参入を予定している。

一般消費者は電気・ガスともに自由に供給会社を選べる、エネルギー小売り自由化の時代を迎えた。

日本住宅新聞提供記事(平成29年4月号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. オール電化住宅は震災後の減少から徐々に回復
  2. 最後の耐力壁JC開催
  3. 非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―
  4. 人口減少が地域の姿を変える
  5. 柱・梁・床などの1時間耐火構造の告示案発表
  6. 別居している親との連絡は「2週間に1度」程度が最多
  7. ナカヤマを完全子会社化 ーヤマダ電機ー
  8. 「安心R住宅」を交付、12月施行
  9. 4人家族が「幸せに」暮らせる住まいの条件
  10. 省エネだけではないネットワーク化と新たな住まいの在り方
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会