省エネ規制加速で断熱必至

省エネ規制加速で断熱必至

二極化、施主の低い関心も要因に

地球温暖化対策の新たな国際ルール「パリ協定」の発行を受け、我が国では家庭部門でも、エネルギー消費量の削減に向けた取り組みが強化されている。

こうした流れのなか、建築物の断熱性の向上が重要度を増してきた。

国はこれまで、幾度となく省エネルギー(省エネ)に向けた取り組みを進めてきたが、特に昨年、建築物の省エネ基準義務化を目指す「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」の施行に合わせるように、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の登録制度が開始されたことで、住宅の省エネ対応は避けて通れないものとなっている。

一方、昨年が「ZEH元年」といわれながらも、施主の関心が伴わず「ZEH」の言葉がひとり歩きしている。

さらに、住宅会社によって関心や対応も二極化してる。

事実、1999年開始永の次世代省エネ基準(断熱等性能等級4に相当)への対応も6割水準にとどまっているとみられ、等級4以下の断熱性の住宅建設が以前として続いているとの指摘もある。

(日刊木材新聞 H29.5.11号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「メーカー・資材情報」記事リスト

  1. 展示場を大幅刷新、来場者増加―ヤマダ・エスバイエルホーム―
  2. 省エネ規制加速で断熱必至
  3. 長期優良住宅化リフォーム推進事業の公募開始
  4. クリーンウッド法施行規則が1日に公布―施行は20日から―
  5. 消費者が電気・ガスとも自由に会社を選べる、エネルギー小売り自由化の時代に
  6. 建設業も時間外労働規制の対象に 政府の「働き方改革」で
  7. 中古マンションをリノベ販売―リアル―
  8. 2050年までに自然エネ100%も可能
  9. カチタスを連結子会社化―ニトリホールディングス―
  10. 2年連続で増加―新設住宅着工数―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会