工事後の評価額を的確に算定-東京都不動産鑑定士協会-

工事後の評価額を的確に算定-東京都不動産鑑定士協会-

複数回のリフォームローン開発

16年度に採択された団体の一つが、リフォーム住宅ローン担保評価整備推進協議会だ。

代表団体は東京都不動産鑑定士協会で、西武信用金庫やリノベーション住宅推進協議会などと連携する。

同協議会の大きな特徴は、不動産鑑定士が主体となっていること。

しかも東京都不動産鑑定士協会が中心となり、14年度から3大都市圏の戸建て住宅約67万件に関する取引価格を分析し、リフォーム後の価格評価方法を確立した。

リフォームの見積もりや設計図などを基に、施工後に向上するはずの不動産価値について研究し、鑑定士が価格を算出できる仕組みを構築。

鑑定した物件を実際にリフォームして再販業者が販売し、成約価格と鑑定評価額とを比較した結果、95%以上の確率で価格は一致した。

評価額の乖離が大きいのは販売期間が長期化したり、あまりの高額物件であったりするケースのみ。

これにより不動産鑑定士の判定が評価され、第三者によるリフォーム工事前の融資時における価値評価につながった。

(日刊木材新聞 H29.5.16号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp/

関連する最近の「メーカー・資材情報」記事リスト

  1. 地域工務店グループで大工塾ー東京大工塾ー
  2. 工事後の評価額を的確に算定-東京都不動産鑑定士協会-
  3. 橋本総業HD、JKHD 統合契約締結延期に
  4. ムク床材で園児活発に―健康・省エネ住宅を推進する国民会議―
  5. 既存建築の省エネ改修を支援 ―国交省住宅局―
  6. 天守閣復元で協定締結―名古屋市と竹中工務店―
  7. 展示場を大幅刷新、来場者増加―ヤマダ・エスバイエルホーム―
  8. 省エネ規制加速で断熱必至
  9. 長期優良住宅化リフォーム推進事業の公募開始
  10. クリーンウッド法施行規則が1日に公布―施行は20日から―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会