本年度建設投資見通し 民間住宅投資前年度比1.7%増 15兆9500億円の見通し

本年度建設投資見通し 民間住宅投資前年度比1.7%増 15兆9500億円の見通し

国土交通省は6月30日、平成29年度建設投資見通しを作成・公表した。

本年度の建設投資は、前年度比4.7%増の54兆9600億円の見通し。

このうち、政府投資が22兆2300億円(前年度比5.4%増)、民間投資が32兆7300億円(前年度比4.3%増)。

民間住宅投資は、前年度比1.7%増の15兆9500億円の見通しで、政府住宅投資を合わせた本年度の住宅投資全体では、前年度比1.9%増の16兆7300億円となる見通しだとしている。

日本住宅新聞提供記事(平成29年7月15日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 若手大工育成の必要性 9割以上が認識
  2. 今後のZEH普及は「再エネの自家消費の視点」も重要
  3. 工務店・建築家の協働をシステム化
  4. 戸建住宅団地の再生策を検討
  5. IOT活用など新技術が目玉に 省エネ対策も引き続き重点
  6. 補助金頼みの省エネ性向上から脱却を
  7. 既存住宅の高断熱窓改修に一部助成 ―東京都―
  8. 秋需要控え資材引き合いは好調 ―第38回ジャパン建材フェア―
  9. 累計増加も減速感 ―7月の新設住宅着工
  10. 6月着工 貸家が20カ月ぶりに減少
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会