マイクログリッド活用し街造り ーパナホームー

マイクログリッド活用し街造り ーパナホームー

地産地消促進事業費補助金に採択

パナホーム(大阪府豊中市、松下龍二社長)とエナリス、興銀リース及び兵庫県企業庁は21日、10月から兵庫県芦屋市で日本初となるマイクログリッドシステム(地域分散エネルギー制御システム)を活用した街づくりに着手することを発表した。

同事業は、8月9日に経済産業省の「平成29年度地域の特性を生かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金」に採択された。

パナホームが兵庫県企業庁の整備した土地を購入し、「生きるエネルギーがつながる街」をコンセプトに、エネリス、興銀リース、兵庫県企業庁のほか、パナソニックや芦屋市と連携して展開する。

住宅地に自営線施設を設け、住戸間の電力融合を可能とするほか、街区全体電力の80%以上を太陽光発電で賄うことで系統電力が遮断された場合でも特定回路で電力を持続的に供給する。

また自営線施設により一括受電や柔軟な電気料金設定が可能となり、電気料金の20%削減などを実現。

加えて再生可能エネルギーの最大活用によるCO2削減等の環境貢献も目指す日本初のマイクログリッドシステムを構築する。

同事業は、海外展開のショーケースとしての役割も担っている。

(日刊木材新聞 H29.9.26号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. オール電化住宅は震災後の減少から徐々に回復
  2. 最後の耐力壁JC開催
  3. 非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―
  4. 人口減少が地域の姿を変える
  5. 柱・梁・床などの1時間耐火構造の告示案発表
  6. 別居している親との連絡は「2週間に1度」程度が最多
  7. ナカヤマを完全子会社化 ーヤマダ電機ー
  8. 「安心R住宅」を交付、12月施行
  9. 4人家族が「幸せに」暮らせる住まいの条件
  10. 省エネだけではないネットワーク化と新たな住まいの在り方
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会