既存住宅向け新型宅配ボックスを共同開発

既存住宅向け新型宅配ボックスを共同開発

大和ハウス工業

大和ハウス工業(大阪市、大野直竹社長)とナスタ(東京都、笹川順平社長)は、既存戸建てオーナー向けの新型宅配ボックス「D's box(ディーズボックス)」を共同開発した。

2月に両社と日本郵便(同、横山邦男社長)の3社は、再配達の軽減に向けてすべての配達物を自宅で受け取れることをテーマに物流インフラの構築・向上に取り組み始めた。

第1弾として3社で共同開発した新型宅配ボックス「Qual -Dbox(クウォール・ディーボックス)」を大和ハウス工業の新築戸建てに導入。

年間導入目標の600台を約7カ月で達成した。

(日刊木材新聞 H29.9.29号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 国交・厚生両省が人材確保、育成で連携
  2. 既存住宅向け新型宅配ボックスを共同開発
  3. 企業の垣根を越え77社参加 コネクティッドホーム アライアンス
  4. 木住協がH28年度の自主統計を公表 会員の着工数は9.8万戸
  5. 住宅性能評価センター子会社化へ
  6. 経営統合協議を中止 JKHDと橋本総業HD
  7. マイクログリッド活用し街造り ーパナホームー
  8. 厨房商品群「G:」ライン展開 ―リンナイ―
  9. 持株会社「材摠DMBホールディング」誕生 ーグループ体制による総合力で各事業強化ー
  10. ZEH普及で新会社設立 ―LIXILと東電EP―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会