持ち家、賃家は3ヵ月連続で減少 ー8月の新設住宅着工ー

持ち家、賃家は3ヵ月連続で減少 ー8月の新設住宅着工ー

木造貸家は累計約5%増

国土交通省は29日、8月新設住宅着工を発表した。

8万562戸(前年同月比2.0%減、前月比3.2%減)で2ヵ月連続で減った。

ただ2016年があまりの高水準だったことから、前年比で減っていてもまだ高位を保ち、17年1~8月の累計は前年比1.0%増。

木造の累計も同1.0%増だが、木造貸家は同4.8%増と好調だ。

持ち家と貸家は前年比で3ヵ月連続で減っているが、これをどのように見るか難しいところ。

17年8月の貸家は3万4968戸(同4.9%減、同3.8%減)と、17年累計では前年比2.2%増ながら、今年度に入ると前年度比1.6%減と減っている。

しかしそれでもこの水準はここ数年のなかではかなりの高水準で、分からないのは今後さらに大きく減少するかどうかということだ。

金融機関によるアパート建設ローン融資貸出額が抑制されたといっても、着工への影響は微減程度。

むしろ木造貸家は2ヵ月連続で1万4000戸超という高水準につけており、貸家全体の着工が減少傾向にあるなか、木造貸家は16年の推移と足並みをそろえている。

16年9~11月の木造貸家はさらに上振れして1万6000戸超を記録しているため、今後の動向が気になるところだ。

 

17年8月

前年比(%)

17年1~8月

前年比(%)

新設住宅計 80,562 98.0 637,002 101.0
持ち家 24,379 92.6 186,401 97.7
貸 家 34,968 95.1 272,913 102.2
給 与 487 80.1 3,706 85.5
分 譲
(分譲一戸建て)
20,728
(11,493)
112.0
(100.8)
173,982
(90,409)
103.1
(102.8)
木 造 46,912 96.3 352,551 101.0
在来木造 35,758 98.0 267,030 102.1
木造貸家 14,412 98.7 103,570 104.8
民間資金 72,877 99.4 570,938 102.1
公的資金 7,685 85.9 66,064 92.5

(日刊木材新聞 H29.9.30号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. オール電化住宅は震災後の減少から徐々に回復
  2. 最後の耐力壁JC開催
  3. 非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―
  4. 人口減少が地域の姿を変える
  5. 柱・梁・床などの1時間耐火構造の告示案発表
  6. 別居している親との連絡は「2週間に1度」程度が最多
  7. ナカヤマを完全子会社化 ーヤマダ電機ー
  8. 「安心R住宅」を交付、12月施行
  9. 4人家族が「幸せに」暮らせる住まいの条件
  10. 省エネだけではないネットワーク化と新たな住まいの在り方
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会