環境アレルゲンの働き抑えるタイル ―LIXIL―

環境アレルゲンの働き抑えるタイル ―LIXIL―

国内初、価値創造で市場拡大へ

LIXIL(東京都、瀬戸欣哉社長)は、環境アレルゲンの働きを抑える効果のあるタイルの開発に国内で初めて成功した。

「アレルピュア」シリーズとして玄関の内床や内壁材向けに展開し2日に全国発売した。

同社では「戸建て住宅のタイル需要は減少している。現在、戸建て住宅でタイルが用いられるケースは1割未満だ」(川越哲次LIXILウォーターテクノロジージャパンタイル事業部長)と指摘する。

同事業部ではこうした需要環境に対する危機感から新規需要の創造に向けた取り組みを進め、これまでに「エコカラット」(1999年)、「マイクロガード」(2000年)、「サーモタイル」(05年)、「スーパーグレイズ」(17年)などを開発。

機能価値の創出による需要創造で、市場を開拓してきた。

知名度の高いエコカラットは、年間50億円規模の商品に成長したという。

(日刊木材新聞 H29.10.3号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp