三世代等「同居対応住宅」の整備を支援措置の存在が後押し

三世代等「同居対応住宅」の整備を支援措置の存在が後押し

国土交通省は9月5日、平成29年度地域型住宅グリーン化事業のグループ採択結果を公表。

応募808グループ中、805グループを採択した。また、同事業等に係る"同居対応住宅"(三世代同居など)に対する支援措置の利用者に対して実施したアンケート調査結果のとりまとめ(7月末時点)も公表した。

新築、リフォームいずれの場合も、支援措置の存在が、同居のきっかけになったとの回答が7割以上に達しており、同居対応住宅の整備促進に一定の効果を持つことが伺える。

NSJ日本住宅新聞社 提供記事(平成29年9月25日号)
詳しくは、NSJ日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「政策・補助金等」記事リスト

  1. 来年度ZEH支援事業 賃貸・集合住宅のZEH化にも補助
  2. 三世代等「同居対応住宅」の整備を支援措置の存在が後押し
  3. クリーンウッド法登録実施機関の申請受付スタート
  4. 環境アレルゲンの働き抑えるタイル ―LIXIL―
  5. 医療・介護との適切な連携求める
  6. 実態把握と課題抽出の研究会発足 ―国交省―
  7. 大工育成モデル構想に意欲 ―JBN・全国工務店協会―
  8. 国交・厚生両省が人材確保、育成で連携
  9. 既存住宅向け新型宅配ボックスを共同開発
  10. 企業の垣根を越え77社参加 コネクティッドホーム アライアンス
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会