サステナブル先導事業・次世代住宅型 ZEH推進協など4件を採択

サステナブル先導事業・次世代住宅型 ZEH推進協など4件を採択

国土交通省は9月22日、平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)の採択結果を公表。

今年度は13事業者(取組テーマ36件)の応募があり、評価委員会による評価の結果、(一社)ZEH推進協議会の「地域ビルダー次世代住宅先導プロジェクト」など4事業者(同7件)を採択した。

同事業は、住宅(設備機器を含む)においてIoT技術等を活用し、提示された公募テーマに該当する住宅・サービスの実用化に向けた実証事業を行う、先導性、モデル性の高いプロジェクトを補助するもの。

NSJ日本住宅新聞社 提供記事(平成29年9月25日号)
詳しくは、NSJ日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp