サステナブル先導事業・次世代住宅型 ZEH推進協など4件を採択

サステナブル先導事業・次世代住宅型 ZEH推進協など4件を採択

国土交通省は9月22日、平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)の採択結果を公表。

今年度は13事業者(取組テーマ36件)の応募があり、評価委員会による評価の結果、(一社)ZEH推進協議会の「地域ビルダー次世代住宅先導プロジェクト」など4事業者(同7件)を採択した。

同事業は、住宅(設備機器を含む)においてIoT技術等を活用し、提示された公募テーマに該当する住宅・サービスの実用化に向けた実証事業を行う、先導性、モデル性の高いプロジェクトを補助するもの。

NSJ日本住宅新聞社 提供記事(平成29年9月25日号)
詳しくは、NSJ日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. グッドデザイン賞
  2. サステナブル先導事業・次世代住宅型 ZEH推進協など4件を採択
  3. 評価取得件数が増加傾向に-性能表示・長期優良住宅-
  4. 戸建て住宅 2年連続でアーネストワン
  5. 10月からF35が団信付きに
  6. 今年のリフォーム市場規模は前年比増と予測
  7. 仮想住宅展示場を展開 -日本ユニシスとジブンハウス-
  8. 経産省「上位ZEH」導入に補助 断熱性能の向上、再エネ自家消費を重視
  9. 来年度ZEH支援事業 賃貸・集合住宅のZEH化にも補助
  10. 三世代等「同居対応住宅」の整備を支援措置の存在が後押し
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会