仮想住宅展示場を展開 -日本ユニシスとジブンハウス-

仮想住宅展示場を展開 -日本ユニシスとジブンハウス-

規格型住宅500社参加目指す

日本ユニシス(東京都、平岡昭良社長)は4日、ジブンハウス(川崎市、内堀孝史社長)とネット空間初の仮想住宅展示場「マイホーム マーケット」を展開することを発表した。

VR(バーチャルリアリティ)を活用し、従来の住宅展示場に代わる新たな住宅創客拠点としてのプラットフォームを提供し、規格型住宅を展開する住宅メーカーやビルダーなど、5年間で500社の参加を目指していく。

この仕組みは、「家はスマホで買う時代」をキャッチフレーズに規格型住宅事業に新規参入したジブンハウスと日本ユニシスが仮想住宅展示場を開発したもの。

日本ユニシスでは「これまではジブンハウス1社の対応だったものを年間100棟規模のビルダーや大手、中堅住宅会社に参加を募り創客し、住宅会社とマッチングする場を提供していく」と話ている。

(日刊木材新聞 H29.10.7号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 今年のリフォーム市場規模は前年比増と予測
  2. 仮想住宅展示場を展開 -日本ユニシスとジブンハウス-
  3. 経産省「上位ZEH」導入に補助 断熱性能の向上、再エネ自家消費を重視
  4. 来年度ZEH支援事業 賃貸・集合住宅のZEH化にも補助
  5. 三世代等「同居対応住宅」の整備を支援措置の存在が後押し
  6. クリーンウッド法登録実施機関の申請受付スタート
  7. 環境アレルゲンの働き抑えるタイル ―LIXIL―
  8. 医療・介護との適切な連携求める
  9. 実態把握と課題抽出の研究会発足 ―国交省―
  10. 大工育成モデル構想に意欲 ―JBN・全国工務店協会―
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会