非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―

非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―

地場主体の工場は好況感欠く

11月の全国プレカット各社の受注状況は、全国受注平均が109.7%(前年同月比4.9ポイント増)となった。

しかし工場間格差が大きく、秋需を実感できていない工場もある。

集合住宅や分譲住宅の勢いにやや陰りが見られる一方で、非住宅物件需要が伸びてきた。

本紙(日刊木材新聞)が本格のプレカット工場27社を対象に実施している稼働状況調査(別表)によると、10月の全国稼働率平均は106.8%(全年同月比3.8ポイント増)となった。

出遅れていた秋需が徐々に盛り上がり、全国平均では受注環境が改善されている。

しかし工場間の受注格差は開いており、前年をはじめ、集合住宅や分譲住宅比率が高い中堅工場が着実に実績を残す反面、地場主体の工場は苦戦が続く。

一部の地場向け工場では、秋の長雨・台風の影響により多くの受注残を抱えているが「期待ほどの好況感はない」との印象が大勢を占める。

非住宅物件は中規模を主体に本格的の兆し。大型物件受注の話も聞かれており、年末にかけて加工のピークを迎えそうだ。

11月のプレカット稼働率調査<全国平均表>

単位:%、( )内は前年比

 10月(稼働)11月(受注)12月(見込)
北海道 127.8(95.8) 135.3(113.6) 113.3(100.3)
東 北 82.0(83.0) 90.0(130.0) 89.0(102.3)
関 東 97.6(109.1) 106.3(98.6) 105.0(98.2)
中 部 87.1(87.5) 98.6(107.5) 108.1(122.0)
関 西 109.3(129.3) 103.8(117.7) 101.0(99.5)
中 国 128.0(125.0) 135.0(100.5) 100.0(96.0)
四 国 111.5(99.5) 111.0(90.0) 100.0(92.5)
九 州 114.5(111.0) 102.0(91.0) ―(―)
全国平均 106.8(103.8) 109.7(104.9) 102.3(101.5)

(日刊木材新聞 H29.11.14号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. オール電化住宅は震災後の減少から徐々に回復
  2. 最後の耐力壁JC開催
  3. 非住宅需要が本格化 ―11月のプレカット調査―
  4. 人口減少が地域の姿を変える
  5. 柱・梁・床などの1時間耐火構造の告示案発表
  6. 別居している親との連絡は「2週間に1度」程度が最多
  7. ナカヤマを完全子会社化 ーヤマダ電機ー
  8. 「安心R住宅」を交付、12月施行
  9. 4人家族が「幸せに」暮らせる住まいの条件
  10. 省エネだけではないネットワーク化と新たな住まいの在り方
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会