CO₂消費して電気に

CO₂消費して電気に

宮古島に人工光合成ハウス建設 飯田グループホールディングス

飯田グループホールディングス(飯田GHD、東京都、西河洋一社長)は、人工光合成技術を開発し、沖縄県宮古島で実証実験を進めていく。

実証実験の建物は「IGパーフェクトエコハウス」で、グループ会社の飯田産業(東京都、兼井雅史社長)が同島で進行中の大規模リゾート計画地内で建設中だ。

2020年までに人工光合成でCO₂を原料として利用し、電気や動力など新たな燃料に変換する技術を利用した住宅の完成を目指していく。

世界規模で地球温暖化が叫ばれ、CO₂をはじめとした温室効果ガスの排出削減が求められて久しい。

そのなか、飯田GHDではCO₂を有効エネルギーとしに変換するシステムの開発を進めてきた。

その方法の一つが、太陽光エネルギーを利用してCO₂を新たな燃料に変換する人工光合成技術だ。

同社は15年に大阪私立大学の人工光合成研究センターに共同研究部門を設立、研究を開始した。

この研究は、CO₂から水素を生成して電気を作りだそうとするもの。

この技術で家庭の消費電力すべてをまかなうことができれば、環境に負荷をかけない未来住宅が実現できるとしてIGパーフェクトエコハウスと命名した。

(日刊木材新聞 H29.12.14号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページhttp://jfpj.co.jp

関連する最近の「住宅情報」記事リスト

  1. 相続への意識、親子間で大きな差
  2. 森林環境税、19年度に創設 都道府県へも分配、市町村を支援
  3. 「森林環境税」不公平感解消へ 都市と山を木造で繋ごう
  4. CO₂消費して電気に
  5. 17年度補正予算、重点項目固まる
  6. JBN・全国工務店協会 設立10周年で記念大会開催
  7. 日本初のZEH賃貸建設
  8. 森林環境税、創設の方針固まる
  9. BLR協会、アドバイザー登録制度を刷新
  10. 社整審建築基準制度部会 用途変更時の防火規制見直し進める
 
見学会ドットネット(じゅうたま)の住宅情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の資材情報 見学会ドットネット(じゅうたま)の補助金情報 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙、日本住宅新聞 パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会