持続可能な社会の実現へ、これからの住まいづくりを考えよう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

持続可能な社会の実現へ、これからの住まいづくりを考えよう

世界の経済規模が拡大するなか、日本のGDPは世界4位(2016年)から、8位(2050年)に後退する(PWCレポート)。

経済が縮小し、世界で最も高齢化が進む日本が、これからどのような道を選ぶのか、世界が注目している。

政府は例えば、"超スマート社会"を世界に先駆けて実現したい考えだ。

"超スマート社会"とは「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会だという。

夢のような社会だが、こうした目標の実現に向けて、例えば経産省の手動でスマートホームの研究が進んでいる。

日本住宅新聞提供記事(平成30年1月25日号)
詳しくは、日本住宅新聞社ホームページにてご確認下さい。
http://www.jyutaku-news.co.jp

パッシブ技術研究会 建築資材のネットショップ建材OFFドットネット 国土交通省ホームページ 全国優良リフォーム会員 一般社団法人優良リフォーム支援協会 地域型住宅グリーン化事業 工務店とともに40年/わが国を代表する工務店支援情報紙 日本住宅新聞 ハウスドゥ!の買取相談|不動産の購入はHouseDo.com(ハウスドゥドットコム)で!一戸建てからマンション、土地まで不動産のことならお任せ下さい。 広告募集中