タグ「住宅」が付けられているもの

(お知らせ)エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成23年5月末時点)

平成23年6月10日
 平成23年5月末時点での同事業の実施状況についてとりまとめましたので公表します。 
1.住宅エコポイントの申請状況
(1)平成23年5月の合計
[1]新築       37,534戸
[2]リフォーム    23,512戸
[3]合計       61,046戸
 
(2)申請受付開始からの累計
[1]新築       362,882戸
[2]リフォーム    402,373戸
[3]合計       765,255戸
 
2.住宅エコポイントの発行状況
(1)平成23年5月の合計
[1]新築       46,490戸( 13,947,080,000ポイント)
[2]リフォーム    26,189戸( 1,615,717,000ポイント)
[3]合計       72,679戸( 15,562,797,000ポイント)
 
(2)申請受付開始からの累計
[1]新築       345,868戸(103,760,500,000ポイント)
[2]リフォーム    385,997戸( 22,004,485,000ポイント)
[3]合計       731,865戸(125,764,985,000ポイント)
 
 
 
詳しくは、<国土交通省ホームページ>にて

エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成23年4月末時点)

平成23年4月末時点での同事業の実施状況についてとりまとめましたので公表します。
 
1.住宅エコポイントの申請状況
(1)平成23年4月の合計
[1]新築      55,865戸
[2]リフォーム   29,301戸
[3]合計      85,166戸
 
(2)申請受付開始からの累計
[1]新築      325,376戸
[2]リフォーム   379,215戸
[3]合計      704,591戸
 
2.住宅エコポイントの発行状況
(1)平成23年4月の合計
[1]新築      54,068戸( 16,220,420,000ポイント)
[2]リフォーム   31,348戸( 1,827,597,000ポイント)
[3]合計      85,416戸( 18,048,017,000ポイント)
 
(2)申請受付開始からの累計
[1]新築     299,379戸( 89,813,720,000ポイント)
[2]リフォーム  359,808戸( 20,388,768,000ポイント)
[3]合計     659,187戸(110,202,488,000ポイント)
 
 
(別添資料)※平成23年4月5日より、交換商品に「東日本大震災におけるボランティア・NPO活動支援のための募金」が追加されました。
 
 
詳しくは、<国土交通省ホームページ>にて

住宅エコポイント ポイントが発行される工事の対象期間の短縮について

住宅エコポイントは制度開始以来、当初の想定を大きく上回るたくさんの申請をいただき、「環境対応住宅の普及」という制度の目的が早期に達成される状況となってきています。

このためポイントが発行される工事の対象期間を5か月間短縮することとなりました。
皆様におかれましてはご理解をいただきますようお願いいたします。

 

【ポイントが発行される工事の対象期間】

住宅エコポイント  ポイントが発行される工事の対象期間の短縮について

ポイントの申請期限及び交換期限は変更ありません。

<<ポイントの申請期限および交換期限>>

工事の種類
建物の種類
ポイントの申請期限
ポイントの交換期限
新築
一戸建ての住宅
平成24年 6月30日
平成26年3月31日
共同住宅等
(階数が10以下)
平成24年12月31日
共同住宅等
(階数が11以上)
平成24年12月31日
リフォーム
一戸建ての住宅
・共同住宅等
平成24年 3月31日

注)対象期間を短縮することにより、期間中に着工・着手した対象工事については、すべてポイントを発行できるものと考えておりますが、万が一、ポイント申請期限までに申請額が予算画額が予算額に達した場合は、その時点でポイント発行を終了することとなります。

住宅エコポイント事務局
ナビダイヤル(有料) 0570-064-717
IP電話等からのご利用(有料)
申請前の方 03-5911-7803
申請後の方 03-5911-7804
9:00~17:00(土・日 祝日含む)
※お電話される方は、番号のおかけ間違えのないよう十分にご注意ください

住宅エコポイント事務局ホームページ http://jutaku.eco-points.jp

 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成23年2月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

 

1.新築住宅

(1) 平成23年2月の実績

  [1] 設計住宅性能評価

         受付 15,410戸(対前年同月比 8.7%増)

         交付 16,509戸(対前年同月比 33.7%増)                         

  [2] 建設住宅性能評価

         受付 12,274戸(対前年同月比 18.0%増)

     交付 18,437戸(対前年同月比 19.5%減)

                            

(2) 制度運用開始からの累計

   [1] 設計住宅性能評価

           受付1,686,296戸    

      交付1,659,474戸

     [2] 建設住宅性能評価 

           受付1,337,405戸    

      交付1,211,488戸

 

2.既存住宅

  (1) 平成23年2月の実績

        受付 18戸  

        交付 49戸

    (2) 制度運用開始からの累計   

         受付 2,696戸  

         交付 2,595戸

 

詳しくは、<国土交通省ホームページ>にてご確認下さい。

8カ月連続で増加/1月の新設住宅着工数

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8カ月連続で増加/1月の新設住宅着工数

国土交通省が発表した1月の新設住宅着工数は、8カ月連続増加となる6万6709戸だった。
貸家が4カ月連続で減少したが、持家と分譲住宅の増加が続き全体では増加。
季節調整済年率換算値は84万7332戸。
 
詳しくは、njs_logo.gif

 住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成22年12月末時点)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成22年12月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成22年12月の実績

  [1] 設計住宅性能評価   受付   15,015戸      交付   17,509戸

                   (対前年同月比 16.9%増)    (対前年同月比 27.3%増)

  [2] 建設住宅性能評価   受付   15,052戸      交付   15,588戸

                   (対前年同月比  43.2%増)   (対前年同月比 13.4%増)

 

(2) 制度運用開始からの累計

  [1] 設計住宅性能評価   受付1,655,274戸  交付1,629,031戸

  [2] 建設住宅性能評価   受付1,308,681戸  交付1,177,498戸

2.既存住宅

 (1) 平成22年12月の実績   受付       37戸  交付        6戸

 (2) 制度運用開始からの累計  受付    2,625戸  交付    2,495戸

 

<参考> 住宅性能表示制度の概要

 (1) 住宅の性能表示のための共通ルールを設け、消費者による性能の相互比較を可能にする。

 (2) 住宅の性能評価を客観的に行う評価機関を整備し、評価結果の信頼性を向上。

 (3) 新築住宅については、評価機関が交付した評価書が契約内容とされることを原則とすることにより、表示された性能を実現。

 (4) 性能評価された住宅に係る裁判外の紛争処理体制を整備し、紛争処理を円滑化・迅速化。

 

詳しくは、<国土交通省ホームページ>にてご確認下さい。

 住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成22年11月末時点)

 

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成22年11月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成22年11月の実績

  [1] 設計住宅性能評価      受付   19,313戸     交付   17,884戸

                      (対前年同月比 38.3%増)   (対前年同月比 31.5%増) 

  [2] 建設住宅性能評価           受付    15,165戸          交付    10,612戸

                      (対前年同月比 30.2%増)    (対前年同月比 12.0%減)

 

(2) 制度運用開始からの累計

  [1] 設計住宅性能評価     受付1,640,259戸      交付1,611,522戸

  [2] 建設住宅性能評価         受付1,293,629戸       交付1,161,910戸

2.既存住宅

 (1) 平成22年11月の実績      受付        9戸  交付       11戸

 (2) 制度運用開始からの累計     受付    2,588戸  交付    2,489戸

 
詳しくは、<国土交通省ホームページ>にて

トステムのホームページにて「住宅エコポイント 」ページがリニューアルされました。

トステムで住宅エコポイントに対応している製品が紹介されています。

その他、住宅エコポイントに関する情報が掲載されています。

是非、ご活用ください。

 

詳しくは、トステム 「住宅エコポイント」ページ へ!!

 

 

住宅の耐震化率、最も高いのが東京

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 住宅の耐震化率、最も高いのが東京

国交省は都道府県別の住宅の耐震化率の現状を公表。
最も高いのは東京都の87%。次いで神奈川県85%、大阪府83%、千葉、愛知、兵庫、沖縄の4県が82%。
逆に最も低いのが島根県の65%で、秋田県66%、岩手県67%、富山、福井両県68%の順。全国平均は79%。

 

 詳しくは、njs_logo.gif

住宅エコポイント エコリフォーム応援キャンペーン

 パナソニック電工では、

『住宅エコポイントとご利用の皆様へ 今がチャンス!! 住宅エコポイント エコリフォーム応援キャンペーン』

を実施しています。(応募期間2011年1月~4月30日消印有効)

 

2011年1月~3月末までにパナソニック商品をご採用していただき、住宅エコポイントを申請してエコリフォームをされた皆様へのプレゼントチャンスです。この気化に、もっとお得なリフォームを実現ください。

※下記の3コースの中で複数のコースの商品をご採用いただいた場合は、どれか1つのコースのみお選びいただけます。
※同じコースの商品を2台以上ご採用いただいた場合でも、応募資格は1回となります。

お得チャンス1

先着1000名様 最大2万円キャッシュバック

以下のコースのパナソニック商品をご採用され、住宅エコポイントを利用された方が対象です。

1.パナソニック バスルームコース (・ココチーノLクラス・ココチーノ美泡湯セレクション いずれか)
2万円キャッシュバック

2.パナソニック タンクレストイレコース (・NEWアラウーノ・アラウーノS いずれか)
1万円キャッシュバック

3.パナソニック 建材コース(・すらっと引き戸+システム手すり ※各一箇所以上)
5千円キャッシュバック

住宅エコポイントの申請には窓や建物断熱改修が必須です。(下記A又はBの工事が必要です。)

A.窓の断熱改修
(・内窓設置 既存窓の内側に新たな窓を設置し、二重窓に)
(・外窓交換 既存窓を枠ご地取り除き、新たな窓の交換)
(・ガラス交換 既存の窓のガラスを複層ガラスに交換)

B.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
回収後の各部位ごとに、一定量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いる断熱回収が対象です。

※「節水型トイレ」(アラウーノ)、「高断熱浴槽」(ココチーノ)による住宅エコポイントの取得は2011年1月以降着工分が対象です。

さらにお得 チャンス2

10万円相当 抽選で50名様 豪華賞品プレゼント

上記キャッシュバックキャンペーンご応募者が対象となります。

A賞 旅行コース

B賞 健康・新生活応援コース

C賞 グルメコース

詳しくは、パナソニック電工ホームページをご覧下さい。

住宅エコPの実施状況を発表

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

国土交通省はこのほど、平成22年12月末時点での「エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)」の実施状況をとりまとめ公表した。12月の申請は73830戸(新築29345戸、リフォーム44485戸)で、そのうち71503戸にポイントが発行された。受付開始からの累計は申請が409650戸、発行されたのは357759戸となった。 

詳しくは、<日本住宅新聞ホームページにて>

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成22年10月末時点)

 

 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。 この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成22年10月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成22年10月の実績

  [1] 設計住宅性能評価   受付   17,102戸       交付   16,646戸

                    (対前年同月比 35.5%増)     (対前年同月比 35.1%増)

  [2] 建設住宅性能評価   受付   14,525戸       交付    9,735戸

                    (対前年同月比 26.0%増)     (対前年同月比 16.8%減)

 

(2) 制度運用開始からの累計

  [1] 設計住宅性能評価   受付1,620,946戸    交付1,593,638戸

  [2] 建設住宅性能評価   受付1,278,464戸    交付1,151,298戸

2.既存住宅

 (1) 平成22年10月の実績      受付       33戸  交付       16戸

 (2) 制度運用開始からの累計      受付    2,579戸  交付    2,478戸

 

 

 

<参考> 住宅性能表示制度の概要

 (1) 住宅の性能表示のための共通ルールを設け、消費者による性能の相互比較を可能にする。

 (2) 住宅の性能評価を客観的に行う評価機関を整備し、評価結果の信頼性を向上。

 (3) 新築住宅については、評価機関が交付した評価書が契約内容とされることを原則とすることにより、表示された性能を実現。

 (4) 性能評価された住宅に係る裁判外の紛争処理体制を整備し、紛争処理を円滑化・迅速化。

 

 

 

詳しくは、<国土交通省ホームページ>でご確認下さい。
 
 
 
<国土交通省HP記事抜粋>
 

 

 (お知らせ)エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成22年10月末時点)

 
 平成22年10月末時点での同事業の実施状況についてとりまとめましたので公表します。 
 
 1.住宅エコポイントの申請状況
   (1)平成22年10月の合計
      [1]新築     33,117戸
      [2]リフォーム  25,460戸
      [3]合計     58,577戸
 
   (2)申請受付開始からの累計
      [1]新築     109,445戸
      [2]リフォーム  167,388戸
      [3]合計     276,833戸
 
 2.住宅エコポイントの発行状況
   (1)平成22年10月の合計
      [1]新築      24,582戸( 7,374,600,000ポイント)
      [2]リフォーム   22,409戸( 1,391,462,000ポイント)
      [3]合計      46,991戸( 8,766,062,000ポイント)
 
   (2)申請受付開始からの累計
      [1]新築      83,482戸( 25,044,600,000ポイント)
      [2]リフォーム  148,374戸( 8,355,914,000ポイント) 
      [3]合計     231,856戸( 33,400,514,000ポイント)
 

詳しくは、<国土交通省ホームページ>でご確認下さい。

 

<国土交通省HP記事抜粋>

住宅リフォームに関する消費者支援策

3月8日から窓の断熱改修等の「エコリフォーム」等を対象として、様々な商品やサービスと交換できる、住宅エコポイント制度の申請受付が始まりました。

他方、住宅リフォームに関しては、ずさんな工事や過大な工事費用の請求等による、消費者トラブルの増加も指摘されています。

このような状況を踏まえ、国土交通省では4月から、住宅エコリフォームによる消費者被害の防止を図るための新たな取り組みを開始しました。

具体的な支援策としては、次の3つがあげられています。

 

◆リフォーム瑕疵保険

建築士による検査と保証がセットになった、住宅瑕疵担保履行法に基づくリフォーム瑕疵保険を整備するとともに、

保険に加入している工事業者のリストを公開

 

◆リフォーム見積相談制度

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターにおいて、工事業者から提示された見積に関する無料相談を受け付ける。

 

◆弁護士等による無料の専門家相談制度

全国各地の弁護士会で、弁護士や建築士が無料で対面の相談を受け付ける。

今後、消費者庁とも連携して、全国の消費生活センターにおいても情報提供を行う予定としており、リフォームに関するマイナスイメージの払拭を目指しています。

 

住宅リフォームに関する消費者支援について

【リフォーム瑕疵保険】

○リフォーム工事に欠陥が見つかった場合の修理費用をまかなう為の保険がご利用頂けます。                工事業者が倒産した場合でも保険金を受け取れます。

○保険は、国土交通大臣から指定された住宅専門の保険会社(保険法人)が建築士による現場検査を行った上で     引き受けます。

○加入手続きは工事業者が行いますので、保険を御希望の場合は、契約前に工事業者に確認してください。

【リフォーム見積相談制度】

○(財)住宅リフォーム・紛争処理センターで、お考えのリフォームや工事業者から提示された見積に関する相談を     無料でお受けします。

【住宅リフォームに関する弁護士や建築士による無料の専門家相談制度】

○最寄りの弁護士会で、弁護士と建築士が対面の相談を無料で行います。

○まずは(財)住宅リフォーム・紛争処理センターにご相談下さい。

※住宅性能評価を受けた住宅又は住宅瑕疵担保責任保険に加入している住宅であれば、リフォームに関する事に     限らず無料の専門家集団ご利用いただけます。

 資料)国土交通省「住宅リフォームをお考えの皆様へ」(平成22年3月19日発表)

 

<ハウジングニュース記事掲載>

 

住宅エコポイント3月申請状況/新築163件、リフォーム3527件

 住宅エコポイント

 国土交通省は、4月9日、住宅版エコポイントの申請・発行状況を初公表した。3月末時点の申請件数は合計3690件、内訳は新築163件、リフォーム3527件でリフォームが95%以上を占める。発行ポイント数は新築300万ポイント、リフォーム1327万ポイントとリフォームが80%以上を占め、そのうち窓の断熱改修が約80%を占める。

 新築受注ではまだハッキリとした効果は見られないが、商談客の下支え効果にはなっているようだ。一律30万ではあるが、今後の受注効果にも期待したい。

 

2010年3月受注棟数伸率

★主要13社計・・・4.9%増、5カ月連続増

★大手   8社計・・・5.5%増、5カ月連続増

★中堅 5社計・・・0.1%増、3カ月連続増