タグ「日本ホームインスペクターズ協会」が付けられているもの

合格速報/公認ホームインスペクター試験2014 

平成26年11月15日(土)に実施した、 公認ホームインスペクター資格試験合格発表。

今年で6回目となる公認ホームインスペクター資格試験は 1010名が受験、合格者は285名(合格率28.2%)という結果となった。

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と 診断士育成を行っている同協会では、年々消費者のニーズが高まる ホームインスペクションの良質な担い手を育成するため、 同協会が定める診断項目や基準において資格試験や講習を毎年実施している。 今年が第6回目となる公認ホームインスペクター資格試験は、 合格者が285名、合格率28.2%(合格点は38点)という結果となった。

合格者の属性をみると、昨年同様、建築業界(設計・維持管理など)に携わる方々が44%と半数近くを占めている。

ついで高いシェアだったのがリフォーム業の23%、不動産業の22%。 年齢別では30・40代の中堅層が71%と多数を占め、 平均年齢43.8歳となっている。 合格者のうち43%が建築士(1級・2級・木造)の資格保有者であったが、 次に40%は宅建保有者となっており、建築・不動産業界での他資格保有率が非常に高く、 合格者が広範囲の知識を有することが伺える。

【合格者データ】

<合格者年齢別>

20~29歳/3% 30~39歳/30% 40~49歳/41% 50~59歳/19% 60~69歳/6% 70歳以上/1%

<合格者住所別>

北海道/4% 東北/4% 関東/32% 中部/甲信越・26% 近畿/20% 中国/四国/6% 九州・沖縄/8%

<合格者受験理由>

業務仕事に活かす/32% 必要性がある/7% 将来性がある/12% お客様に安心/9% 勉強スキルアップ/15% 興味あり/4% 会社・上司のすすめ/5% 知人のすすめ/1% 社会貢献/6% 賛同/3% 再挑戦/2% 開業・独立/2% その他/0.3%

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL ■

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会とは

■ ホームインスペクションとは、住宅の劣化状況、欠陥の有無、 改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、 アドバイスする住宅診断のこと。

欧米では利用が常識となっている。 当協会は、ホームインスペクションの技術基準を明確化するための 公認資格試験の実施、ホームインスペクター(住宅診断士)育成・ スキルアップのための講習や診断履歴の蓄積 (国土交通省長期優良住宅先導的モデル事業採択)を行う 民間団体で、2008年4月に設立、2009年2月にNPO法人登記。 2009年から公認ホームインスペクター資格試験を 毎年1回実施しており、昨年の試験では1,015人が受験、 261人が合格した。(合格率25.7%)。 現在会員数は877名。(2014年11月30日時点)。

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

公認ホームインスペクター資格試験、期限を延長

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指す「NPO法人日本ホームインスペクターズ協会」(東京都渋谷区:理事長/長嶋修)。

同協会では今年11月15日(土)に今年度の公認ホームインスペクター資格試験を実施。

今月19日(金)に申込みを締切る予定だったが、締切日が迫るにつれお申込みと問合せが集中した。

すでに申込みは1000名を超え、事務処理が追いついていない状況のため、締切りを9月30日(火)まで延長し受付をすることとなった。

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同協会では、年々消費者のニーズが高まるホームインスペクションの良質な担い手を育成するため、同協会が定める診断項目や基準において資格試験や講習を毎年実施している。

今年3月には、中古住宅流通市場活性化の阻害要因となっている建物評価の基準を見直すべく「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」が策定された。

その中でホームインスペクションは、建物のコンディションを適切に評価に結びつけるために欠かせない役割として重要視されており、中古住宅流通促進の柱としてますます普及が期待され、不動産・建築業界内の注目度は高まっている。

今年の受験申込み者データ(9月16日時点)を見ると、リフォーム業や不動産業に携わる方の受験者比率が高くなっている

受験の動機として最も多いのは「業務・仕事に活かす」。

次に「必要性がある」「将来性がある」「お客様に安心を提供したい」という理由が続いている。

ホームインスペクション事業に参入するためだけでなく、本格的なストック市場活性化に向け建物コンディションに関する一定のアドバイスができるよう、知識獲得に動いていることが予想される。

同会では、安心・安全な中古住宅取引市場の形成を目指し、普及が加速し始めたホームインスペクションの担い手育成が急務と捉えている。

試験の問い合わせは同会HPからか、電話03-6403-7828(試験窓口)まで。


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          2014年度 第6回
    JSHI公認ホームインスペクター資格試験 概要
           http://www.jshi.org/

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【試験日時】2014年11月15日(土)13:00~14:30

【試験会場】東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡

【申込期間】2014年7月1日(火)~9月19日(金)

【受験料】14000円(税込)
※10名以上の団体申し込みの場合⇒ 1名あたり13,300円(税込)

【合格発表】2014年12月16日(火)郵送/ホームページで発表

【参考テキスト】
●『ホームインスペクションマニュアル』
編著/日本ホームインスペクターズ協会 価格/3240円(税込)

●『JSHI 公認ホームインスペクター 過去問題集』
発行/日本ホームインスペクターズ協会 価格/未定


※参考資料は日本ホームインスペクターズ協会HPから
http://www.jshi.org/

ホームインスペクター試験申込者数、過去最高へ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ホームインスペクター試験申込者数、過去最高へ

本日は、今年11月17日(日)に実施する、公認ホームインスペクター資格試験の受験申込者数が1,252名となり、2009年の試験制度開始より、過去最高の申込者数となりましたことをご報告いたします。

詳細は下記ご参照ください。

 

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同協会では、年々消費者のニーズが高まるホームインスペクションの良質な担い手を育成するため、同協会が定める診断項目や基準において資格試験や講習を毎年実施しています。

第5回目となる今年は、6月に国交省より既存住宅インスペクション・ガイドラインを発表されるなど、中古住宅流通促進の柱としてますます普及が重要視され、不動産・建築業界内の注目度の高さがうかがえます。

今年の受験申込み者データを見ると、業種別には、新築から維持修繕・調査や設計など“建築”に携わっている方が全体の42%。

ついで、リフォーム業23%、不動産業21%となっており、業種分類比率は例年とほぼ変わりはありません。

また、受験者の保有資格についても、複数保有を含めると一級建築士保有が19%、二級建築士保有が21%となっています。

今年も宅地建物取引主任者が一番多く、38%となっています。

今後の本格的な中古住宅市場の活性化に向けて、建物コンディションに関する一定のアドバイスができるよう、建築・不動産に関わる方々が自主的に知識獲得に動いていることが推測される結果となりました。

なお、今年の公認ホームインスペクター資格試験は11月中旬、下記のとおり実施予定です。

 

2013年度 第5回 JSHI公認ホームインスペクター資格試験 概要

【試験日時】 

2013年11月17日 13:00~

【試験会場】

札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡

【受験料】

12,000円(税込)

【出題範囲】

1.住宅に関わる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること。

2.主に木造住宅、マンションの構造部材等の名称に関すること。

3.住宅の給排水、衛生、空調、電気設備に関する呼称や一般的な仕様に関すること。

4.木造住宅、マンションの施工に関すること。

5.木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること。

6.調査・診断方法に関すること。

7.マンションの管理に関すること。

8.報告書の作成に関すること。

9.一般的な住宅の売買・取引の形態や契約に関すること。

10.業務に関するコンプライアンス、モラル、マナーに関すること。

【合格発表】

2013年12月17日

本人への郵送/ホームページで合格者受験番号の公表

【参考テキスト】

・ホームインスペクションマニュアル

・JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)過去問題集

 

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会とは

ホームインスペクションとは、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、アドバイスする住宅診断のこと。

欧米では利用が常識となっています。

当協会は、ホームインスペクションの技術基準を明確化するための公認資格試験の実施、ホームインスペクター(住宅診断士)育成・スキルアップのための講習や診断履歴の蓄積(国土交通省長期優良住宅先導的モデル事業採択)を行う。

民間団体で、2008年4月に設立、2009年2月にNPO法人登記。

2009年から公認ホームインスペクター資格試験を毎年1回実施しており、昨年の試験では1,201人が受験、261人が合格しました。(合格率25.6%)

現在会員数は660名です。(2013年10月1日時点)

今年の受験日は11月17日に実施予定。

 

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 
ホームページ https://www.jshi.org/

公認ホームインスペクター試験合格速報!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

公認ホームインスペクター試験合格速報!

当協会は、本日、11月4日に実施した第4回JSHI公認ホームインスペクター資格試験の合格発表を行います。詳細は下記をご参照ください。

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都渋谷区:理事長/長嶋修)。

同協会が今年11月4日に実施した公認ホームインスペクター資格試験の合格発表を本日行います。四回目となる今年の試験は1021名が受験、合格者は261名(合格率25.6%)という結果になりました。

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同会では、年々消費者のニーズが高まるホームインスペクションの良質な担い手を育成するため、同会が定める診断項目や基準において資格試験や講習を毎年実施しています。

今年が4回目となる公認ホームインスペクター資格試験は合格者が261名、合格率25.6%(合格点は36点)となりました。

本日、同協会HPにおいて合格者受験番号を発表します。
NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会HP http://jshi.org/
2012年度 第4回 公認ホームインスペクター資格試験合格発表 http://www.jshi.org/industry/number.php

 

合格者の内訳をみると、広く建築業界(設計・維持管理など)に携わる方々が47%、リフォーム業が21%、不動産業が22%という結果に。

年齢層も比較的ベテラン層と思われ、資格保有者では建築士いずれかと宅建もあわせて保有が20%、建築士のみが32%、宅建のみが24%と、建築・不動産業界での他資格も保有率が高く、合格者の意識・スキルの高さが伺えます。

〈合格者年齢別〉

20~29歳 5%
30~39歳 36%
40~49歳 33%
50~59歳 21%
60~69歳 5%

〈合格者受験理由〉

業務・仕事に活かすため 35%
勉強・スキルアップのため 14%
将来性がある 11%
必要性がある 9%
お客様に安心してもらうため 8%
社会貢献・住宅ストック活性化のため 6%
興味があった 5%
会社・上司のすすめ 5%
協会の考えに賛同 2%
開業・独立するため 2%
再就職 1%
知人のすすめ 1%
その他 1%

〈合格者住所別〉

関東 46%
中部・甲信越 21%
近畿 17%
九州・沖縄 7%
北海道 4%
東北 3%
中国・四国 2%

ホームインスペクター試験申込、過去最高に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ホームインスペクター試験申込、過去最高に

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都渋谷区:理事長/長嶋修)。

同協会が今年11月に実施する公認ホームインスペクター資格試験の受験申込者数が1163名となったことをご報告いたします。四回目となる今年は仙台にも受験会場を増設し、全国6会場で実施予定。過去最高の申込者数となりました。

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同会では、年々消費者のニーズが高まるホームインスペクションの良質な担い手を育成するため、同会が定める診断項目や基準において資格試験や講習を毎年実施しています。

政策面においても今年、中古住宅流通促進の柱として普及が重要視されたホームインスペクション。不動産・建築業界内でも注目度が急速に高まり、今年実施予定の公認ホームインスペクター資格試験は過去最高の受験申込者数となりました。

申込者の内訳をみると、試験を実施する全国6会場のうち東京が588名、次いで大阪が224名、名古屋147名、福岡123名、札幌43名、仙台38名となっています。

業種別では、新築から維持修繕、建物調査など広く建築業界に携わる業種が44%、リフォーム業が23%、そして不動産業が21%と続きます。この傾向は例年とほぼ変わりません。

試験は11月、下記のとおり実施予定です。

 

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 http://jshi.org/

 

「利用者に安心を」ホームインスペクター向け賠償責任保険

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 「利用者に安心を」ホームインスペクター向け賠償責任保険

ホームインスペクション利用者に安心感をもっていただく制度

日本における第三者のホームインスペクション(住宅診断)普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都中央区:理事長/長嶋修)。同会では今年11月1日より、業界初となる公認ホームインスペクター専用の賠償責任保険運用を開始します。当初、保険対象となるのは同会認定会員のうち実務登録者156名。これから徐々に増加する予定です。

業界初となるホームインスペクター専用賠償責任保険は、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)との共同開発によるもの。

日本ホームインスペクターズ協会が契約者となり、同会認定会員のうち「実務登録者」を被保険者(補償の対象者)とする請負業者賠償責任保険です。2009年から同社と調整を進め、内容を整備しました。

同会自体が団体で契約者となることで、保険料を安価に抑えるメリットがあります。団体で契約するには全員加入が保険の前提となり、ホームインスペクション利用者に安心感をもっていただくのが狙いです。

同会では11月から認定会員(公認ホームインスペクター資格試験に合格し登録した正会員)の会員種別を、ホームインスペクションを主たる業務として行うことを表明した「実務登録者」と、それ以外の「実務未登録者」にわけて保険加入を促進。

「実務登録者」は年会費に保険料が含まれ(年会費18000円)、自動的に保険加入となります。

現在、認定会員296名のうち「実務登録者」申請は156名です。「実務未登録者」がアップグレード希望の際は、同会へ申請すれば申請日によって翌月か翌々月かには保険加入が可能であり、またこれから今年の受験合格者登録も始まるため、実務登録者数は今後、伸びていくことが予想されます。

日本ホームインスペクターズ協会 認定会員(正会員)実務登録者対象 請負業者賠償責任保険

■ 通称/ホームインスペクター賠償責任保険 ■

保険内容

実務登録者がホームインスペクション業務実施中に当該業務の遂行に起因して生じた第三者への対人・対物事故について負担する、法律上の損害賠償責任を補償する保険。

支払限度額および免責(自己負担)額

支払限度額/1000万円 免責額/1000円 ※1事故あたり

保険期間

1年間

保険利用回数

1年間3回まで ※1人あたり

保険開始日

実務登録者ごとに異なる
※年会費更新月、あるいはアップグレード段階による

支払対象例

①検査中に脚立から落ち、骨董品の壺を破損。
②検査中に誤って依頼者に怪我を負わせた。
③検査中に誤って脚立から落ち、住宅の壁を破る。
④検査中に検査器具を床に落とし、床を破損。

支払対象でない例

①保険契約者または被保険者の故意。
②戦争、変乱、暴動、騒じょう、または労働争議。
③地震、噴火、洪水、津波または高潮。
④自動車、原動機付自転車の所有、使用または管理に起因する事故。
⑤ホームインスペクション業務終了後に検査結果に起因して発生した事故。
⑥ホームインスペクション業務上の見落とし。

■NPO法人日本ホームインスペクターズ協会■ http://jshi.org/

ホームインスペクションとは、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、アドバイスする住宅診断のこと。欧米では利用が常識となっています。

当協会は、ホームインスペクションの技術基準を明確化するための公認資格試験の実施、ホームインスペクター(住宅診断)育成・スキルアップのための講習や診断履歴の蓄積(国土交通省長期優良住宅先導的モデル事業採択)などを行う民間団体で、2008年4月に設立、2009年2月にNPO法人登記しました。

第一回公認ホームインスペクター資格試験では186名が合格、昨年の第二回試験は168名が合格。今年の第三回試験では220名が合格しました。現在、公認ホームインスペクターである認定会員数は約290名ですが、これから第三回合格者の登録が始まる予定です。

 詳しくは、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 http://jshi.org/ をご覧下さい。

公認ホームインスペクター資格試験、合格率25.7%

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

公認ホームインスペクター資格試験、合格率25.7%

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都中央区:理事長/長嶋修)。同協会が今年9月25日に実施した、第三回公認ホームインスペクター資格試験の合格者についての報告。

 受験者857名に対し合格者220名、合格率は25.7%とという結果になった。

 

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同会では、全国でホームインスペクター(住宅診断士)の育成、品質向上を目的とする公認ホームインスペクター資格試験を2009年から毎年実施。今年は9月25日に実施し、10月25日(火)に合格発表となった。

合格者数や属性について

受験者857名に対し、合格者は220名で合格率25.7%。
うち女性の合格者は13名(受験者58名)。

また受験者のうち63%が建築士(一級・二級・木造)保有者でしたが、合格者内の比率を見ると70%と高い割合を占める。ついで高いシェアだったのが、宅地建物取引主任者資格の保有者で46%。受験者に占めるシェアは43%。

業種別で見ると、受験者のうち42%と圧倒的に高い割合を占めていたリフォーム業関連従事者は、合格者のうちの39%と2位のシェアに。代わって受験者の34%で2位のシェアだった建築設計従事者が、合格者の48%を占める結果となる。

年齢別の内訳は以下のとおりですが、40代の合格率が28%と全体水準よりかなり高くなっている傾向がわかります。40代以上の世代は、合格者に占める建築士の割合がかなり高い傾向も見られました。

10月25日の合格発表は、協会HPにおいて解答番号と受験者番号の掲載、また受験者へ郵送をもってお知らせする。

 

2011年度 第3回 JSHI公認     ホームインスペクター資格試験/合格者数

【試験日時】 2011年9月25日 13:00~
【試験会場】 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
【出題範囲】 おもに木造住宅のホームインスペクション(住宅診断)を
                  行うために必要な範囲
【合格発表】 2011年10月25日 郵送と協会HPによる発表

東京   受験405人  合格109人
大阪   受験170人  合格  20人
名古屋  受験157人   合格  45人
札幌   受験  26人  合格    9人
福岡   受験  99人  合格  20人
 =========================
合計   受験857人  合格220人
男性  受験799人  合格207人
女性  受験  58人  合格  13人

 20~29歳 受験 68人  合格11人
 30~39歳 受験281人  合格78人
 40~49歳 受験267人  合格75人 ※28%
 50~59歳 受験168人  合格42人
 60~69歳 受験 64人  合格13人

 

住宅診断実務と地盤・液状化の講習実施~日本ホームインスペクターズ協会~

住宅診断実務と地盤・液状化の講習実施

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都中央区:理事長/長嶋修)。

同協会では今月22日、認定会員が2年に1度、受講を義務づけられている【更新講習】を実施します。今年の更新講習は外部講師による地盤・液状化の解説、また一戸建てスケルトン(構造)を再現した会場での診断実務解説などのプログラムを予定。会員以外の参加枠も設けます。

第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同会では、同会認定会員に受講を義務づけている更新講習において、今年はホームインスペクターに寄せられる購入者の質問・不安で増加している地盤・液状化をとりあげます。東日本大震災での詳しい被害状況や地形区分と想定される災害、地形や地盤の判定などを地盤調査会社から講師を招き、会員間で情報共有する予定です。

同時に会員から要望の多い診断実務に関する講習も、よりリアルに学んでもらうために一戸建て研修用施設を借り、診断方法や診断実例を解説します。

講習概要は以下のとおりです。
講習の見学取材も可能ですので、是非お越しくださいませ。

 詳しくは、下記URLより内容の確認をお願いします。

 http://ameblo.jp/jshi/entry-11031857728.html

 

公認ホームインスペクター(認定会員)更新講習

日時: 10月22日 土曜日 10:00~12:30 ※午後追加開催枠あり

会場: エコリフォームセンター/JRりんかい線「東雲」駅 徒歩4分

     東京都江東区東雲2-9-7東雲ビッグハウス内 (橋本総業株式会社様)

プログラム:

  1. 「地盤や地質が不動産取引にどういう影響を与えるか」
    講師:日本ホームインスペクターズ協会 長嶋 修 理事長
  2. 「液状化地盤などの危ない地盤の見分け方」
    講師:応用地質株式会社 嶋尾敏郎氏
  3. 『戸建て道場』での診断実務解説(事例紹介・診断方法)ほか

定員: 60名 ※会員以外の参加者は先着10名のみ

参加費: 会員/3、150円(税込) 会員以外/10、500円(税込)

 

詳しくは、下記URLより内容の確認をお願いします。

 http://ameblo.jp/jshi/entry-11031857728.html

 

 

公認ホームインスペクター資格試験、857人が受験。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

公認ホームインスペクター資格試験、857人が受験。

NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会

日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成・スキルアップを目指すNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(東京都中央区:理事長/長嶋修)。

同協会では今年で3回目となる、公認ホームインスペクター資格試験を9月25日に実施しました。受験者数は857人。申込者数931人に対し、92.1%という高い受験率となっています。

 第三者によるホームインスペクション(住宅診断)の普及と診断士育成を行っている同会では、全国でホームインスペクター(住宅診断士)の育成、品質担保を目的とする公認ホームインスペクター資格試験を2009年より毎年、実施しています。

 今年は大震災の影響などにより、受験申込み開始直後は受験申込み数の伸びが鈍かったものの、締切直前になって申込みが殺到。締切を数日延長した結果、建築士をはじめ宅建業者、リフォーム業者など931名の申込み数となり、最終的な受験者数は857人でした。

 昨年から受験者のニーズが高く、今年は全国5会場に広げて試験を実施。同会の予想以上に反響が大きかったのが福岡です。受付段階で会場を拡張することとなり、新しいビジネスチャンスへの強い意欲を感じました。

 国土交通省が今年、補助事業として打ち出した「既存住宅流通・リフォーム推進事業」。事業のポイントとなる「既存住宅売買瑕疵保険およびリフォーム瑕疵保険」と「住宅履歴情報の蓄積」において、ホームインスペクションの存在感が増すことは必至でしょう。同会では一層、良質なホームインスペクター育成と業界全体のモラル向上、また認知向上に注力していく所存です。

 

2011年度 第3回 JSHI公認ホームインスペクター資格試験  概要と受験者数

【試験日時】 2011年9月25日 13:00~

【試験会場】 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡

【申込締切】 8月20日 ⇒ 8月25日まで延長

【受験料】  12000円(税込み)

【出題範囲】 おもに木造住宅のホームインスペクション(住宅診断)を行うために必要な範囲

【合格発表】 2011年10月25日

       合否の結果と得点は郵送にて通知。

       また協会ホームページで合格者受験番号と解答番号を発表。

  

東京    申込445人    受験405人 (91.0%)     欠席40人 (9.0%)

大阪    申込182人    受験170人 (93.4%)     欠席12人 (6.6%)

名古屋   申込167人    受験157人 (94.0%)     欠席10人 (6.0%)

札幌    申込 29人    受験 26人 (89.7%)     欠席 3人 (10.3%)

福岡    申込108人    受験 99人 (91.7%)     欠席 9人 (8.3%)

================================================

合計    申込931人    受験857人 (92.1%)    欠席74人 (7.9%)

 

情報提供:NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 広報室