タグ「国土交通省」が付けられているもの

エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成24年9月末時点)

平成24年9月末時点での同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。

 

 1.住宅エコポイントの申請状況

   (1)平成24年9月の合計
     [1]新築       27,777戸
     [2]リフォーム   13,218戸
     [3]合計       40,995戸

   (2)申請受付開始からの累計
     [1]新築       882,519戸
     [2]リフォーム    745,092戸
     [3]合計      1,627,611戸

 

 2.住宅エコポイントの発行状況

   (1)平成24年9月の合計
     [1]新築        27,631戸( 5,500,790,000ポイント)
     [2]リフォーム    14,133戸( 1,095,054,000ポイント)
     [3]合計        41,764戸( 6,595,844,000ポイント)

 

    (2)申請受付開始からの累計
     [1]新築       869,884戸(245,802,940,000ポイント)
     [2]リフォーム    733,787戸( 45,237,002,000ポイント)
     [3]合計      1,603,671戸(291,039,942,000ポイント)

 

対象記事URL http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000414.html

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-431)

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成24年7月末時点)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成24年7月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成24年7月の実績

[1] 設計住宅性能評価   受付   16,391戸       交付   15,317戸

(対前年同月比 0.6%増)     (対前年同月比 26.3%減)

[2] 建設住宅性能評価   受付   15,696戸        交付   12,344戸

(対前年同月比 5.6%減)     (対前年同月比 27.0%増)

(2) 制度運用開始からの累計

[1] 設計住宅性能評価   受付1,969,511戸      交付1,942,216戸

[2] 建設住宅性能評価    受付1,582,974戸       交付1,441,711戸

 

2.既存住宅

(1) 平成24年7月の実績     受付      159戸  交付       16戸

(2) 制度運用開始からの累計  受付    3,353戸  交付    3,129戸

 

<参考> 住宅性能表示制度の概要

(1) 住宅の性能表示のための共通ルールを設け、消費者による性能の相互比較を可能にする。

(2) 住宅の性能評価を客観的に行う評価機関を整備し、評価結果の信頼性を向上。

(3) 新築住宅については、評価機関が交付した評価書が契約内容とされることを原則とすることにより、表示された性能を実現。

(4) 性能評価された住宅に係る裁判外の紛争処理体制を整備し、紛争処理を円滑化・迅速化。

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-456)

対象記事URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000410.html

(お知らせ)エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成24年8月末時点)

平成24年8月末時点での同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。

1.住宅エコポイントの申請状況

(1)平成24年8月の合計
[1]新築       22,318戸
[2]リフォーム   11,034戸
[3]合計       33,352戸

(2)申請受付開始からの累計
[1]新築       854,745戸
[2]リフォーム   731,906戸
[3]合計     1,586,651戸

 

2.住宅エコポイントの発行状況

(1)平成24年8月の合計
[1]新築       38,159戸( 7,892,870,000ポイント)
[2]リフォーム   21,468戸( 1,544,047,000ポイント)
[3]合計       59,627戸( 9,436,917,000ポイント)

(2)申請受付開始からの累計
[1]新築      842,253戸(240,302,150,000ポイント)
[2]リフォーム   719,654戸( 44,141,948,000ポイント)
[3]合計     1,561,907戸(284,444,098,000ポイント)

 

 

お問い合わせ先
国土交通省住宅局住宅生産課 
TEL:(03)5253-8111 (内線39-431)

対象記事URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000408.html

三井ホーム(株)及び関連会社が施工した木造住宅(準耐火建築物)における国土交通大臣認定の不適合施工と対応について

下記の通り、国土交通省より発表がありました。

【国土交通省発表記事抜粋】

1.概要

三井ホーム(株)が施工中の枠組壁工法※1の木造住宅(準耐火建築物※2)において、国土交通大臣認定の仕様と異なる仕様で施工され、建築基準法違反であることが判明しました。また、

同社によると、自社及び関連会社※3が施工した同様の違反の疑いのある対象物件数は2,942件※4 とのことです。

※1:枠組壁工法とは、いわゆるツーバイフォー工法のことで、壁全体で支える構造工法のこと

※2:準耐火建築物とは、主要構造部が準耐火構造またはそれと同等の準耐火性能を有するもので、外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火設備を有する建築物のこと。
なお、1 時間準耐火構造は、木造の3 階建て共同住宅等に用いられる。

※3:関連会社とは、三井ホームが出資する販売施工代理店のことで、同社からの人材や技術供与を受けて、同一仕様で施工している。

※4:2,942 件の内訳は、東京都が1,674 件で最も多く、次いで神奈川県529 件、大阪府120 件など、41 都道府県で施工

2.内容

・国土交通大臣認定の不適合施工の内容は、以下の通り。

工法 部分 認定番号・認定取得者 不適合施工の内容 対象物件数
枠組壁工法※1 間仕切壁
(45 分準耐火構造)
 QF045BP-9071※、(社)石膏ボード工業会
※平成14 年5 月16 日以前は、準耐火(通)W1001
 ・ねじの種類の不適合 2,874 件 
間仕切壁
(1 時間準耐火構造)
 QF060BP-9072※、(社)石膏ボード工業会
※平成14 年5 月16 日以前は、準耐火(通)W2001
 ・ねじの種類の不適合  68 件

 ・国土交通省は、三井ホーム(株)から、国土交通大臣の認定を受けた仕様に適合しない疑いがあるとの報告を受け、施工中の物件を関係特定行政庁へ情報提供し、調査依頼していたところ、建築基準法違反が確認されたため、是正措置※5 を講じるよう、特定行政庁を通じて指示しました。

※5:改修等の必要な対策を講じること又は施工された仕様について性能確認を行うことが考えられる。

・同様の違反の疑いがあると同社から報告を受けた物件については、今後、国土交通省から関係特定行政庁へ情報提供し、調査依頼をします。国土交通省は、これらの案件についても、特定行政庁で違反が確認されれば、早急に是正措置※5を講じるように指示します。

3.今後の対応

・三井ホーム(株)及び関連会社に対して、相談窓口を設置し、適切に対応するように指示しました。また、他に建築基準法違反がないか徹底した調査を指示するとともに、再発防止策の提出を求めていきます。

・公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター(愛称:住まいるダイヤル)に次の消費者への相談窓口を設置して、相談に対応します。

【窓口】電話番号:0570-016-100(PHS や一部のIP 電話の場合は、03-3556-5147)
相談時間:10 時~17 時(土日祝日を除く)

・また、建築士について違反行為が確認された場合は、関係行政庁と連携し、処分に向けた必要な手続きを進めていきます。

・なお、国土交通省から、住友林業(株)※6 及び三井ホーム(株)が所属する(社)日本ツーバイフォー建築協会に対して、他会員から同様の不適合施工の有無についての報告を求めるよう要請しました。

※6:8 月24 日に枠組壁工法の同様の不適合施工について公表済み

(問い合わせ先)
国土交通省住宅局建築指導課 企画専門官 小野田 吉純 (内線39564)
係 長 岩瀬 基彦 (内線39525)
TEL 03-5253-8111(代表)、03-5253-8933(夜間直通)、FAX 03-5253-1630

対象記事URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000349.html

住友林業(株)及び東日本ハウス(株)が施工した木造住宅(準耐火建築物)における国土交通大臣認定の不適合施工と対応について

住友林業(株)が施工中の木造住宅(準耐火建築物)において、8月10日に公表した物件に加えて、国土交通大臣認定の仕様と異なる仕様で施工され、新たに建築基準法違反であることが判明しました。東日本ハウス(株)が施工した木造住宅(準耐火建築物)においても、国土交通大臣認定の仕様と異なる仕様で施工され、建築基準法違反であることが判明しました。

他に同様の違反の疑いがある物件(住友林業(株)は1437件、東日本ハウス(株)は227件)について、今後、関係特定行政庁に情報提供し、調査依頼をします。

国土交通省は、これらの案件について、特定行政庁で違反が確認されれば、早急に是正措置を講じるように指示します。

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局建築指導課
TEL:(03)5253-8111 (内線39564、39525)

対象記事URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000342.html

 

(お知らせ)エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成24年7月末時点)

 平成24年7月末時点での同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。

 

1.住宅エコポイントの申請状況

(1)平成24年7月の合計
[1]新築       25,393戸
[2]リフォーム   11,585戸
[3]合計       36,978戸

(2)申請受付開始からの累計
[1]新築       832,444戸
[2]リフォーム    720,922戸
[3]合計      1,553,366戸

 

2.住宅エコポイントの発行状況

(1)平成24年7月の合計
[1]新築       25,666戸( 6,373,080,000ポイント)
[2]リフォーム   13,683戸(  945,014,000ポイント)
[3]合計       39,349戸( 7,318,094,000ポイント)

(2)申請受付開始からの累計
[1]新築       804,096戸(232,409,880,000ポイント)
[2]リフォーム   698,187戸(  42,597,962,000ポイント)
[3]合計      1,502,283戸(275,007,842,000ポイント)

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-431)

対象記事URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000398.html

 

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定状況について(平成24年7月末時点)

 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく長期優良住宅建築等計画の認定制度については、平成21年6月4日より制度運用を開始しています。

この度、全国の所管行政庁の平成24年7月の認定状況について、調査した結果がとりまとまりましたので、お知らせします。
また、平成24年7月13日にお知らせした認定状況について、一部修正がありましたので、併せてお知らせします。

 

1.平成24年7月の実績

(1) 一戸建ての住宅  9,128戸
(2) 共同住宅等            42戸
(3) 総戸数      9,170戸

 

2.制度運用開始からの累計

(1) 一戸建ての住宅  293,108戸
(2) 共同住宅等      7,124戸
(3) 総戸数      300,232戸

 

お問い合わせ先
国土交通省住宅局住宅生産課 
TEL:(03)5253-8111 (内線39-429) FAX:(03)5253-1629

対象記事 http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000394.html

(お知らせ)エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成24年6月末時点)

平成24年6月末時点での同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。

1.住宅エコポイントの申請状況

(1)平成24年6月の合計

[1]新築        25,582戸
[2]リフォーム     20,106戸
[3]合計        45,688戸

(2)申請受付開始からの累計

[1]新築        807,058戸
[2]リフォーム      709,369戸
[3]合計       1,516,427戸

2.住宅エコポイントの発行状況

(1)平成24年6月の合計

[1]新築         17,356戸( 3,725,780,000ポイント)
[2]リフォーム     22,150戸( 1,417,646,000ポイント)
[3]合計         39,506戸( 5,143,426,000ポイント)

(2)申請受付開始からの累計

[1]新築        778,431戸(226,037,100,000ポイント)
[2]リフォーム     684,506戸( 41,652,991,000ポイント)
[3]合計        1,462,937戸(267,690,091,000ポイント)

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課 TEL:(03)5253-8111 (内線39-431)

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/

対象記事 http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000387.html

 

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成24年5月末時点)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成24年5月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成24年5月の実績

[1] 設計住宅性能評価   受付   15,483戸      交付   15,507戸

                    (対前年同月比 7.5%減)   (対前年同月比 4.9%増)

[2] 建設住宅性能評価   受付   15,834戸      交付    9,143戸

                    (対前年同月比 16.4%増)   (対前年同月比 35.0%増)

(2) 制度運用開始からの累計

 [1] 設計住宅性能評価   受付1,937,396戸      交付1,907,229戸

 [2] 建設住宅性能評価   受付1,553,777戸      交付1,418,776戸

2.既存住宅

(1) 平成24年5月の実績     受付        6戸  交付       13戸

(2) 制度運用開始からの累計   受付    3,179戸  交付    3,099戸

 

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課 TEL:(03)5253-8111 (内線39-456)

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/

対象記事 http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000388.html

 

 

平成24年度(第1回)住宅・建築物省CO2先導事業の採択プロジェクトの決定について

省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを国が公募し、整備費等の一部を補助する「住宅・建築物省CO2先導事業」においては、平成24年4月13日(金)から5月31日(木)まで公募を実施し、民間事業者等から60件の応募がありました。

独立行政法人建築研究所の評価結果を踏まえ、平成24年度(第1回)として、次のプロジェクトの採択を決定しましたので、お知らせします。

 

建物種別 事業種別  プロジェクト名  代表提案者 
 建築物
(非住宅)
/一般部門
 新築  名駅四丁目10番地区省CO2先導事業  東和不動産株式会社
 ホテル オリオン モトブ 環境共生リゾートプロジェクト  オリオンビール株式会社
 愛知学院大学名城公園キャンパス低炭素化推進プロジェクト  学校法人 愛知学院
 新情報発信拠点プロジェクト  大阪ガス株式会社
 西条市新庁舎建設プロジェクト省CO2推進事業  西条市
 建築物
(非住宅)
/中小規模
建築物部門
 新築  エコスクール・WASEDA  学校法人 早稲田大学
 国分寺崖線の森と共生し、省CO2化を推進する環境共生型図書館  学校法人 東京経済大学
 (仮称)イオンタウン新船橋省CO2先導事業  イオンタウン株式会社
 共同住宅  技術の検証  分散型電源を活用した電気・熱の高効率利用システムによる集合住宅
向け省CO2方策の導入と技術検証 ~高効率燃料電池(専有部)およ
びガスエンジンコージェネ(共用部)の高度利用と再生可能エネルギー
との組合せ~
 大阪ガス株式会社
 共同住宅
戸建住宅
 改修  パッシブデザインによるサステナブルリフォーム計画(マンション・戸建)  三井不動産リフォーム株式会社
 戸建住宅  新築  (仮称)晴美台エコモデルタウン創出事業  大和ハウス工業株式会社
省CO2二世帯住宅推進プロジェクト 旭化成ホームズ株式会社
復興地域における省CO2住宅“住まい手とエネルギーコンシェルジュに
よる省CO2プロジェクト”
東日本ハウス株式会社
 ZETH(Zero Energy Timber House)プロジェクト  協同組合東濃地域木材流通センター
 えひめの風土と生きる家 ~次世代につなぐ地域連携型LCCM住宅~  新日本建設株式会社

 

※補助金の額については、今後精査の上、決定することとしています。

 なお、平成24年度(第2回)募集は平成24年8月21日(火)より開始を予定しており、複数の住宅・建築物(複数敷地、街区単位のもの等を含む)を対象とした総合的・一体的な取り組み、再生可能エネルギーの合理的な活用、スマートメーター等を活用した需要制御・マネジメント、分散型エネルギーの導入などの新たなエネルギーシステムの構築につながる取り組み、既存住宅・建築物の抜本的な省CO2改修の普及につながる取り組みなどの喫緊の課題に対応しつつ、省CO2実現に貢献する取り組みを、積極的に募ることとしております。  

 

 

お問い合わせ先

 

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-421) FAX:(03)5253-1629

 

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/

対象記事:http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000386.html

 

 

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定状況について

平成24年6月末時点

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく長期優良住宅建築等計画の認定制度については、平成21年6月4日より制度運用を開始しています。

この度、全国の所管行政庁の平成24年6月の認定状況について、調査した結果がとりまとまりましたので、お知らせします。

また、平成24年6月15日にお知らせした認定状況について、一部修正がありましたので、併せてお知らせします。

1.平成24年6月の実績

(1) 一戸建ての住宅    8,555戸

(2) 共同住宅等          36戸

(3) 総戸数          8,591戸

2.制度運用開始からの累計

(1) 一戸建ての住宅  283,973戸

(2) 共同住宅等       7,082戸

(3) 総戸数        291,055戸

 
 
 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課 

TEL:(03)5253-8111 (内線39-429) FAX:(03)5253-1629

 

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp

プレスリリース: http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000385.html

 

被災地以外の住宅エコポイント終了 ~国土交通省~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 被災地以外の住宅エコポイント終了 ~国土交通省~

 

被災地以外の地域を対象とする予約申し込みは7/4(水)9時到着分をもって受付終了しました。

被災地以外の地域とする予約可能ポイント数 残り約23億ポイント(平成24年7月3日到着分集計時点)

 

詳しくは、住宅エコポイント ホームページ(http://fukko-jutaku.eco-points.jp/ )にてご確認下さい。

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成24年4月末時点)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成24年4月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

また、平成23年度の確報値がまとまりましたので、別添6のとおりお知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成24年4月の実績

  [1] 設計住宅性能評価   受付   18,201戸      交付   16,573戸
                  (対前年同月比 17.1%増)   (対前年同月比 8.2%増)
  [2] 建設住宅性能評価   受付   14,096戸      交付     8,941戸
                   (対前年同月比 1.0%減)   (対前年同月比 27.6%増)

(2) 制度運用開始からの累計

  [1] 設計住宅性能評価   受付1,921,913戸      交付1,891,722戸
  [2] 建設住宅性能評価   受付1,537,943戸      交付1,409,633戸

2.既存住宅

 (1) 平成24年4月の実績     受付       13戸  交付       25戸
 (2) 制度運用開始からの累計   受付    3,173戸  交付    3,086戸

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-456)
ホームページ http://www.mlit.go.jp/

プレスリリース http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000377.html

(お知らせ)エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成24年5月末時点)

平成24年5月末時点での同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。

1.住宅エコポイントの申請状況

(1)平成24年5月の合計

[1]新築      37,850戸
[2]リフォーム   34,485戸
[3]合計      72,335戸

 

(2)申請受付開始からの累計

[1]新築      781,484戸
[2]リフォーム   689,265戸
[3]合計     1,470,749戸

 

2.住宅エコポイントの発行状況

(1)平成24年5月の合計

[1]新築      41,139戸( 9,151,480,000ポイント)
[2]リフォーム   24,530戸( 1,427,659,000ポイント)
[3]合計      65,669戸( 10,579,139,000ポイント)

 

(2)申請受付開始からの累計

[1]新築      761,075戸(222,311,320,000ポイント)
[2]リフォーム   662,357戸( 40,235,418,000ポイント)
[3]合計     1,423,432戸(262,546,738,000ポイント) 

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-431)

詳しくは、国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/

プレスリリース http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000376.html

復興支援・住宅エコポイント 被災地以外の地域を対象とする予約申込の受付終了方法について

復興支援・住宅エコポイントでは、平成24年5月より予約制度を導入しておりますが、被災地以外の地域については、本年7月中旬から下旬頃にも予算額に達する見込みです。
予算額に達した場合は、予約申込の受付を終了します。

つきましては、予約申込の受付終了方法について、以下のとおりお知らせします。

<被災地(*)以外の地域を対象とする予約申込の受付終了方法>

(1) 被災地以外の地域の予約受付済ポイント数が予算額に達した日の前日を、予約申込の受付終了日とします。予算額に達したことが明らかになり次第、速やかに公表します。なお、公平を期すために、予算額に達した日に事務局に到着した予約申込はすべて受付及び審査の対象としないこととします。予算額に達した日以降に事務局に到着した予約申込については、受付されなかった旨を予約申込者あてに郵送でお知らせする予定です。
(*)「東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律」における「特定被災区域」のこと。

(2) 予約申込の到着日は、予約申込書類を以下の郵送先(私書箱)から住宅エコポイント事務局が受け取った日とします。予約申込書類の到着後、受付され、一定の審査を経て、予約通知が発行されます。なお、事務局に到着しても、予約申込書類に不足や不備がある場合は、受付されません。また、受付されても審査において不備等が判明した場合は、予約通知は発行されませんのでご注意ください。

※ 予約申込書類の受取りは、受付期間中の毎日(土・日・祝日を除く)午前中に実施し、予約申込の受付終了が見込まれる約1週間前頃からは土・日・祝日も含めて毎日午前中に実施します。

【予約申込書類の郵送先】

・〒350-1191 川越西支店 私書箱70号

復興支援・住宅エコポイント 予約申込受付係

注)ポイント発行申請書類の宛先とは異なります。
必ず郵便にて送付してください。メール便や宅配便などは利用できません。

(3) 予約可能ポイント数の最新状況については、復興支援・住宅エコポイントのホーム

ページ(http://fukko-jutaku.eco-points.jp)にて公表し、更新していきます。

※ 予約可能ポイント数は、当面の間、事務局に到着した翌日に集計し、翌々日に更新します。
予約可能ポイント数の集計・更新は、受付期間中の毎日(土・日・祝日を除く)実施し、
予約申込の受付終了が見込まれる約1週間前頃からは土・日・祝日も含めて毎日実施します。
なお、予約申込の受付終了が見込まれる約1週間前には、その旨をお知らせする予定です。

【予約申込にあたっての注意事項】

・新築のエコポイント対象住宅証明書等を取得した場合やエコリフォームの対象製品に性能証明書が添付されていた場合であっても、予約通知が発行されなければポイント発行申請はできません。予約申込に要した手数料その他いかなる費用についても保証しません。
・予約通知の発行はポイント発行を確約するものではありません。
・予約申込の内容と異なる内容でポイント発行申請はできません。ただし、エコ住宅の新築については、分譲住宅の場合、販売事業者が予約申込を行い、当該住宅の購入者がポイント発行申請をすることができます。
・ポイント発行対象となる工事期間、申請期限および交換期限に変更はありません。

詳しくは、国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/)をご確認下さい。
掲載記事URL http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000374.html

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定状況について(平成24年5月末時点)

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく長期優良住宅建築等計画の認定制度については、平成21年6月4日より制度運用を開始しています。

この度、全国の所管行政庁の平成24年5月の認定状況について、調査した結果がとりまとまりましたので、お知らせします。

また、平成24年5月15日にお知らせした認定状況について、一部修正がありましたので、併せてお知らせします。

 

1.平成24年5月の実績

(1)一戸建ての住宅    8,038戸

(2)共同住宅等         195戸

(3)総戸数          8,233戸

 

2.制度運用開始からの累計

(1)一戸建ての住宅  275,417戸

(2)共同住宅等       7,046戸

(3)総戸数        282,463戸

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課 

TEL:(03)5253-8111 (内線39-429) FAX:(03)5253-1629

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp

プレスリリース: http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000364.html

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成24年3月末時点)

 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

 この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成24年3月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成24年3月の実績

[1] 設計住宅性能評価   受付   16,181戸      交付   18,120戸

                   (対前年同月比 4.8%減)    (対前年同月比 1.1%増)

[2] 建設住宅性能評価   受付   16,211戸      交付   31,416戸

                   (対前年同月比 20.7%増)    (対前年同月比 30.1%増)

 

(2) 制度運用開始からの累計

[1] 設計住宅性能評価   受付1,903,619戸      交付1,875,004戸

[2] 建設住宅性能評価   受付1,523,784戸      交付1,400,695戸

2.既存住宅

(1) 平成24年3月の実績     受付      107戸  交付       69戸

(2) 制度運用開始からの累計   受付    3,159戸  交付    3,060戸

 

<参考> 住宅性能表示制度の概要

(1) 住宅の性能表示のための共通ルールを設け、消費者による性能の相互比較を可能にする。

(2) 住宅の性能評価を客観的に行う評価機関を整備し、評価結果の信頼性を向上。

(3) 新築住宅については、評価機関が交付した評価書が契約内容とされることを原則とすることにより、表示された性能を実現。

(4) 性能評価された住宅に係る裁判外の紛争処理体制を整備し、紛争処理を円滑化・迅速化。

 

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課 

TEL:(03)5253-8111 (内線39-456)

詳しくは、国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/

プレスリリース http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000371.html

 

 

エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成24年4月末時点)

 

 平成24年4月末時点での同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。

 

1.住宅エコポイントの申請状況

(1)平成24年4月の合計

[1]新築      43,392戸

[2]リフォーム   25,231戸

[3]合計      68,623戸

 

(2)申請受付開始からの累計

[1]新築      743,640戸

[2]リフォーム   654,793戸

[3]合計     1,398,433戸

 

2.住宅エコポイントの発行状況

(1)平成24年4月の合計

[1]新築       31,168戸( 7,445,960,000ポイント)

[2]リフォーム   22,133戸( 1,332,634,000ポイント)

[3]合計       53,301戸( 8,778,594,000ポイント)

 

(2)申請受付開始からの累計

[1]新築      719,942戸(213,161,640,000ポイント)

[2]リフォーム   637,827戸( 38,807,759,000ポイント)

[3]合計     1,357,769戸(251,969,399,000ポイント)

 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-433)

詳しくは、国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/

プレスリリース http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000366.html

長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定状況について(平成24年4月末時点)

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づく長期優良住宅建築等計画の認定制度については、平成21年6月4日より制度運用を開始しています。

この度、全国の所管行政庁の平成24年4月の認定状況について、調査した結果がとりまとまりましたので、お知らせします。
また、平成24年4月13日にお知らせした認定状況について、一部修正がありましたので、併せてお知らせします。

 

1.平成24年4月の実績

(1) 一戸建ての住宅    7,451戸
(2) 共同住宅等       1,234戸
(3) 総戸数          8,685戸

 

2.制度運用開始からの累計

(1) 一戸建ての住宅  268,252戸
(2) 共同住宅等       6,852戸
(3) 総戸数        275,104戸

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39-429)

国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp

プレスリリース: http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000364.html

住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状況について(平成24年2月末時点)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「住宅性能表示制度」については、新築住宅は平成12年10月より、既存住宅は平成14年12月より制度運用を開始しています。

この度、全国の登録住宅性能評価機関等で構成される一般社団法人 住宅性能評価・表示協会事務局が、全評価機関を対象に住宅性能評価の平成24年2月の実績(速報値)について調査した結果がまとまりましたので、お知らせします。

1.新築住宅

(1) 平成24年2月の実績

  [1] 設計住宅性能評価   受付   15,159戸      交付   17,746戸

                    (対前年同月比 1.6%減)    (対前年同月比 7.5%増)

  [2] 建設住宅性能評価   受付   12,990戸      交付   21,622戸

                    (対前年同月比 5.8%増)    (対前年同月比 17.3%増)

 

(2) 制度運用開始からの累計

  [1] 設計住宅性能評価   受付1,887,438戸      交付1,856,884戸

  [2] 建設住宅性能評価   受付1,507,573戸      交付1,369,279戸

2.既存住宅

 (1) 平成24年2月の実績        受付       11戸  交付       16戸

 (2) 制度運用開始からの累計      受付    3,052戸  交付    2,991戸

<参考> 住宅性能表示制度の概要

 (1) 住宅の性能表示のための共通ルールを設け、消費者による性能の相互比較を可能にする。

 (2) 住宅の性能評価を客観的に行う評価機関を整備し、評価結果の信頼性を向上。

 (3) 新築住宅については、評価機関が交付した評価書が契約内容とされることを原則とすることにより、表示された性能を実現。

 (4) 性能評価された住宅に係る裁判外の紛争処理体制を整備し、紛争処理を円滑化・迅速化。

 

詳しくは、国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/)にてご確認下さい。